退職時に有給休暇を使うために知っておきたいこと




退職時の有給休暇をめぐって

退職するにあたっては、残った有給休暇を消費した上で退職するという場合が少なくありません。

円満に退職する場合であれば特段問題が生じませんが、トラブルを抱えて退職するという場合は、この有給休暇の消化をめぐっても争いになる場合があります。

有給休暇制度

働きはじめてから6か月が経過し、その6ヶ月間に全労働日の8割以上出勤した場合には10日間の有給休暇が発生します。

その後も1年ごとに、全労働日の8割以上出勤すると有給休暇が発生し、その日数も年々増えていきます。(たとえば、1年6カ月が経過すると、11日の有給休暇が発生します)

ときどき「うちでは有給休暇の制度はない」などと言って有給休暇を認めない会社がありますが、それはれっきとした法律違反です。

これまで相談を受けたケースでも、それなりの規模の会社であるにも関わらず、有給休暇の取得を認めていないケースがあって驚かされたことがあります。

また、パートタイムで働いている場合も、週の所定労働日数の割合に応じて日数に違いはありますが、有給休暇の取得が認められます。(パート・アルバイトの方の有給休暇については詳しくはこちら⇒⇒パート・アルバイトと有給休暇の取得・日数

有給休暇を使って休むために

有給休暇で休むためには、「有給休暇を使って休みます」と会社に伝えれば足り、会社の承諾を得る必要はありません。

(就業規則等で有給休暇を使って休む場合の手続きについて定めている場合はその方法に従って申し出る必要があります)

どのような目的で有給休暇を利用するかはあなたの自由で、有給休暇を利用する目的を会社に言う必要もありません。

これに対して、会社は、あなたを休ませ、かつその間の賃金を払う義務があります。

会社による変更

会社は、どうしてもその日に休まれると業務に支障が生じるという場合には、休みをとる日を別の日に変更するように求めることができます。

ただし、本来、会社は働く人が有給休暇を完全に取得することを前提として人員を配置しておかなければいけないのですから、変更が許される場合は限定されます。

また、変更を求める場合も速やかに別の日に休むことができるように配慮しなければなりません。

退職と有給休暇の消費

なお、退職にあたって残っている有給休暇を請求するという場合は、他の時季に休むということはありえない以上、会社が休む日を変更するように求めることは許されません。

したがって、退職にあたって残った有給休暇を消費したいという場合は、未消化の日数を確認し(なお、消化しなかった有給休暇は発生から2年が経過すると時効で消滅するとされていますので注意が必要です)、有給休暇の取得を申し出るとともに、その最終日をもって退職日とすればよいことになります。

・関連してこんな問題もあります。
ボーナス支給日以前に退職した場合のボーナスはどうなるのか

あわせて知っておきたい

退職について考える

労働基準法等から退職方法を考える~会社を辞められない?!~

退職勧奨~違法となる時、ならない時~退職届を出す前に知っておきたいこと

業務上のミスを理由に会社から損害賠償請求されたときに知っておきたいこと

退職後も競業避止義務を負うのか~誓約書への署名を求められた時に知っておきたいこと

解雇と自己都合退職(自主退職)の境界~辞める前に知っておきたいこと

解雇について知る

解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか~

適格性欠如や勤務成績不良は解雇理由になるか

解雇予告と解雇予告手当

不当解雇されたときにまず知っておくべきこと

退職トラブルについて弁護士に相談したい方へ

労働相談@名古屋のご案内


その悩み、相談してみませんか

「会社のやり方に納得がいかない」
「でも、どう行動していいか分からない。」

こんなとき、法的な角度から問題を整理することで、今どんな選択肢があるのか、何をすべきなのかを考える糸口がきっと見つかります。

労働トラブルでお困りの方は、是非、お気軽にご相談ください。