アルバイト(パート)でも有給休暇は取得できる?

アルバイトだから有給休暇はない!?

パートやアルバイトとして働いている方について、法律の規制がきちんと守られていないと感じるのが有給休暇の問題です。

「パートやアルバイトだから有給休暇はない」と思ってらっしゃる方も少なくありませんが、パートやアルバイトでも有給休暇は認められています。

たとえ会社の規定で有給休暇の制度がなくても、6ヶ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した場合には、法律上、当然に年休権(有給で休むことが出来る権利)が発生するのです。


週所定労働時間が30時間以上の場合、または、週の所定労働日数が5日以上の場合

有給休暇の日数ですが、まず、週所定労働時間が30時間以上ある場合、あるいは、週の所定労働日数が5日以上の場合は、通常の労働者と同様、次の日数が認められます。

就業開始日から

・6カ月後→10日
・1年6カ月後→11日
・2年6カ月後→12日
・3年6カ月後→14日
・4年6カ月後→16日
・5年6カ月後→18日
・6年6カ月後→20日
(以後、毎年20日)

就業開始日から6カ月後に有給休暇を取得するためには、その6ヶ月間に、全労働日の8割以上を出勤していることが必要となります。

また、1年6カ月後以降に有給休暇を取得するためには、前年度の1年間に全労働日の8割以上出勤している必要があります。

週所定労働時間が30時間未満で、かつ週の所定労働日数が4日以下の場合

週所定労働時間が30時間未満で、かつ週の所定労働日数が4日以の場合は、次の日数になります。

週の所定労働日数が4日の場合

・6カ月後→ 7日
・1年6カ月後→ 8日
・2年6カ月後→ 9日
・3年6カ月後→10日
・4年6カ月後→12日
・5年6カ月後→13日
・6年6カ月後→15日
(以後、毎年15日)

週の所定労働日数が3日の場合

・6カ月後→ 5日
・1年6カ月後→ 6日
・2年6カ月後→ 6日
・3年6カ月後→ 8日
・4年6カ月後→ 9日
・5年6カ月後→10日
・6年6カ月後→11日
(以後、毎年11日)

週の所定労働日数が2日の場合

・6カ月後→ 3日
・1年6カ月後→ 4日
・2年6カ月後→ 4日
・3年6カ月後→ 5日
・4年6カ月後→ 6日
・5年6カ月後→ 6日
・6年6カ月後→ 7日
(以後、毎年7日)

週の所定労働日数が1日の場合

・6カ月後→ 1日
・1年6カ月後→ 2日
・2年6カ月後→ 2日
・3年6カ月後→ 2日
・4年6カ月後→ 3日
・5年6カ月後→ 3日
・6年6カ月以上→3日

(就業開始日から6カ月後に有給休暇を取得するためには、その6ヶ月間に、全労働日の8割以上を出勤していることが必要となります。

また、1年6カ月後以降に有給休暇を取得するためには、前年度の1年間に全労働日の8割以上出勤している必要があります。)

見てわかるとおり、たとえ、週1日のアルバイトでも、全労働日の8割以上出勤することによって、きちんと有給を取得することが出来るのです。

法律は、それだけ働く人が休養する機会を得ることを手厚く保証しています。パートだから、アルバイトだから、という理由で、有給休暇が認められないということはありません。

労働トラブルでお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

退職と有給休暇の申し出について

パートタイム労働者と労働条件の明示義務・待遇の説明義務(パートタイム労働法)

労働条件の明示義務と採用時の説明~こんなことなら入社しなかった~

退職勧奨(退職勧告)~違法となる時、ならない時~退職届を出す前に知っておきたいこと

解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか~


法律相談のご案内

関連記事

労働契約法~労働トラブルの解決に役立つ基本ルールについて

労働契約の大原則 弁護士として労働関係のご相談を受けていると、細かな法律の規定に違反しているか

記事を読む

違法な業務命令と損害賠償~それは単なる嫌がらせです~

職場におけるいじめ・嫌がらせ 学校におけるいじめ自殺の問題がマスコミを騒がせていますが、職場に

記事を読む

業務上のミスを理由に会社から損害賠償請求をされたときに知っておきたいこと

在職中のミスを理由とする損害賠償 退職の場面でトラブルが生じたとき、あるいは、何らかのトラブルがあ

記事を読む

労働者に知らされていない就業規則に効力は認められるか?

就業規則の周知義務 会社が労働者を懲戒するためには、あらかじめ就業規則で懲戒の種別及び事由が定

記事を読む

違法な自宅待機命令~こんな自宅待機命令はありなのか?!

自宅待機が違法となる場合 懲戒解雇処分等が行われる前に処分が決まるまでの間、「自宅待機」を命ぜ

記事を読む

労働条件の明示義務と労働条件通知書・雇用契約書

トラブルの防止のために 退職や解雇をめぐるトラブルでは、いわば在職中にたまっていたあらゆるトラ

記事を読む

弁護士に相談するときに気をつけたいこと

① 関係書類を持参すること 弁護士に相談に行く時は、関係する書類等をなるべく持参するようにしてくだ

記事を読む

給料の一方的減額と労働者の同意~「わかった」とは言ったけれど・・・

給料の一方的減額 会社から一方的に給料を下げると言われたというご相談を受けることがあります。

記事を読む

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

労働条件の明示義務と採用時の説明

話が違う・・・ 職場でのトラブルを抱えて相談に来られる方の中には、「実は、そもそも働き始めた時

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑