違法な業務命令と損害賠償~それは単なる嫌がらせです~

職場におけるいじめ・嫌がらせ

学校におけるいじめ自殺の問題がマスコミを騒がせていますが、職場におけるいじめ・嫌がらせの問題も後を絶ちません。

私がこれまでに取り扱ったケースでは、直接的に暴力が振るわれるような、いわば分かりやすいいじめ・嫌がらせの事案もありましたが、職場におけるいじめや嫌がらせは、時に、業務命令や教育指導の名目で巧妙に行われる場合も少なくなく、問題はより陰湿になります。

業務命令の限界

たしかに、使用者は、労働契約に基づいて、労働者に対して業務命令を出すことができます。

しかし、当然のことながら、どんな業務命令も許されるということではありません。

ことさらに労働者に不利益を課すことを目的として業務命令が出されるような場合は、権利の濫用として不法行為が成立しうることになります。

見せしめを兼ねた懲罰目的でされたもの

例えば、平成8年2月23日最高裁判決は、JR東日本の保線(線路の保守業務を行う業務)区長が、国鉄労働組合の組合員に対して、作業中に組合の記章が貼られたベルトを着用したことが就業規則に違反するとして、就業規則の全文書き写しを命じたケースです。

この労働者は、実際に始業時から夕方まで、さらに翌日の午前中も就業規則の書き写しを行いました。

最高裁は、そのような業務命令は、見せしめを兼ねた懲罰的目的からされたものと推認せざるを得ず人格権侵害の不法行為が成立するとした原審の判断を支持して、会社からの上告を退けました。

職場は、時に学校と同様に閉じられた社会となり、分かりやすい形でのいじめや嫌がらせがされる場合も含めて、被害者がなかなか声を上げられないという事態が生じます。

当たり前のことではありますが、業務命令や教育指導に名を借りた人格侵害は許されない、ということがきちんと認識される必要があります。

パワハラ/職場でのいじめでお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

退職方法を考える①~辞めたくても辞められない?!~

こんな自宅待機命令はありなのか?!~自宅待機命令が違法となる場合~

従業員の仕事上のミスを理由とする損害賠償請求

残業代請求~弁護士が教える残業代請求のポイント~時効から残業時間の証明方法まで


法律相談のご案内

関連記事

履歴書の賞罰欄に罰金刑や起訴猶予歴を書く必要はあるか

賞罰の意味 履歴書に「賞罰欄」がもうけられている場合がありますが、いったい何が「賞」や「罰」に

記事を読む

「賞与支給日に在籍していないから払わない」は通用するか?

支給日在籍要件について 賞与について、就業規則等で「支給日在籍者に対し支給する」と定めている会社が

記事を読む

労働条件の明示義務と採用時の説明

話が違う・・・ 職場でのトラブルを抱えて相談に来られる方の中には、「実は、そもそも働き始めた時

記事を読む

労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止

監督機関 会社が労働基準法違反をしているから取り締まってほしいという時に訴える場所としてすぐに

記事を読む

アルバイト(パート)でも有給休暇は取得できる?

アルバイトだから有給休暇はない!? パートやアルバイトとして働いている方について、法律の規制が

記事を読む

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

労働条件の明示義務と労働条件通知書・雇用契約書

トラブルの防止のために 退職や解雇をめぐるトラブルでは、いわば在職中にたまっていたあらゆるトラ

記事を読む

従業員のミスと会社からの損害賠償請求

会社から従業員に対する損害賠償請求 従業員が何らかの過失で会社に損害を与えたという場合も 当然に会

記事を読む

パート労働者と労働条件の明示義務・待遇の説明義務

パートタイム労働者も「労働者」 働く人の中には、パートやアルバイトなど名称は様々ですが短時間労

記事を読む

労働契約法~労働トラブルの解決に役立つ基本ルールについて

労働契約の大原則 弁護士として労働関係のご相談を受けていると、細かな法律の規定に違反しているか

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑