「 4.解雇全般(普通解雇、整理解雇) 」 一覧

「不当解雇された!」と思ったときに知っておくべきこと

「不当解雇された!」と思ったときに、慌てて不用意な行動をして後で後悔しないために、まず知っておいて頂きたいことをまとめてみました。 本当にそれは「解雇」なのか? 「不当な解雇をされたん

続きを見る

解雇と自主退職の境界~「辞める」と口にする前に知っておきたいこと

解雇か退職かをめぐって 従業員としては会社から解雇されたと思っているのに、会社の側から、解雇なんてしていない、自分で辞めただけでしょと反論される場合というのは結構あります。 退職勧奨の末に

続きを見る

会社の破産と従業員の解雇~給料の立替払い制度

立替払い制度の利用 会社の破産と解雇で、破産手続きの中で未払い給料・退職金がどう扱われるのかということを説明しました。 これとは別に労働者健康福祉機構が行っている未払い賃金立替払い制度を利

続きを見る

会社の破産(倒産)と従業員の解雇~未払い給料と退職金の扱い

破産と解雇 会社が破産手続きをするのに伴って従業員が解雇される場合があります。 弁護士として破産申立て手続きの代理人になると、申立て前に従業員を解雇する手続きに立ち会うこともしばしばありま

続きを見る

成績不良・適格性欠如と解雇事由~あなたは成績が悪いから辞めてもらいます!?~

成績不良と解雇 解雇が有効に行われるためには、「客観的合理的理由」と「社会的相当性」があることが必要となるということは、このブログでもいろいろな場所で繰り返して書いてきました。(→解雇と解雇理由

続きを見る

解雇日の特定~それは本当に「解雇予告」にあたるのか?

解雇予告はあったか 30日以上前に解雇予告をしている場合には、解雇予告手当を支払う必要はありません。 一方、そのような解雇予告を行っていない場合には、解雇の際に、原則として解雇予告手当を支

続きを見る

労働者派遣契約の中途解約は「やむを得ない事由」にあたるのか?

労働者派遣契約の中途解約と「やむを得ない事由」 派遣期間の途中で、派遣先企業の業績悪化等により派遣元会社と派遣先企業との間の労働者派遣契約が中途解約されてしまうような場合があります。 期間の定

続きを見る

解雇予告手当の計算方法|必要日数と平均賃金の意味

具体的な計算方法 解雇予告手当の計算方法について、具体的に考えてみましょう。 解雇をする場合には、少なくとも30日前に予告するか、または30日分以上の解雇予告手当を支払う必要があります。(

続きを見る

派遣会社が待機社員にした整理解雇が無効と判断された裁判例

整理解雇の4要件 経営不振による人員削減・部門の廃止など、経営上の必要性を理由に解雇を行う整理解雇については、数々の裁判例を通じて、有効となるための要件として、以下の4つの要件が確立しています。

続きを見る

無効な解雇について損害賠償請求を認めた裁判例

無効な解雇についての損害賠償請求 不当な解雇の効力を争う、という場合、原則としては職場復帰を求めることになりますが、場合によっては、金銭的な賠償だけを求めるということもあります。 ただし、解雇

続きを見る

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
  • img_logo_head
    logo4
    /
PAGE TOP ↑