不当な解雇の無効主張と損害賠償請求~解雇は争いたいけれど、職場には戻りたくない!?

一体何を求めるのか

不当な解雇をされた!として「争う」という場合、具体的には一体何を求めることになるのでしょうか。

不当な解雇をされた場合には「不当だ!争いたい!」という点に気持ちがいって、ついつい「争う」ことの具体的な意味、つまり、一体何を求めるのかについては考えられないのが普通だと思います。

しかし、実は「解雇を争う」といっても具体的に何を求めるのかという点に関しては、少々難しい問題が含まれています。

基本は職場復帰

労働契約法16条は、「解雇は、客観的に合理的理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして無効とする」と規定しています。

つまり、客観的に合理的理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、そもそも解雇の効力は認められないことになるのです。(詳しくはこちら⇒解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか~

「解雇の効力が認められない」というのは「解雇がなかったのと同じになる」ということです。

したがって、この場合、従業員としての地位はもとのまま残っていますし、本来であれば、従前どおり働き続けることができることになります。

ところが、解雇を主張している会社は、あなたが従前どおり働き続けることを認めてくれません。

そこで、「解雇が無効であることを認め、従前どおり働くことを認めてほしい」というのが、解雇を争うときに、会社に対して求めていく基本的な主張になります。

これを、裁判を起こす時の請求内容の形で表現すると、「従業員であることの地位の確認を求める」ということになります。

職場復帰はしたくないという場合

もっとも、「不当な解雇をされたから争いたい!」という方の中には、「こんな会社ではもう職場に復帰して働く気にはなれないから、金銭的な賠償だけしてくれればいい」という方もいらっしゃいます。

しかし、無効な解雇がされたということからストレートに損害賠償請求が認められるかというとそうではありません。

損害賠償請求が認められるためには、単に解雇が無効かどうかということだけではなく、損害賠償が認められるだけの違法性があったのかという見地から、一段高いハードルが課されてしまうのです。

(具体例を知りたいという方はこちら→無効な解雇について損害賠償請求を認めた裁判例

どんな損害があるのか

また、損害賠償の請求が認められるためには、当然のことながら損害がなければいけません。

「損害」としてすぐ思い浮かぶのは、こんな嫌な思いをさせられたという精神的苦痛に対する「慰謝料」ですが、慰謝料の額というのは、日本の裁判所では(一般の方が思っているほどには)高い金額を認めてくれるわけではありません。

また、解雇がなければ得られたはずの給料分の損害が発生したとして請求する形もありますが、その場合も、どれだけの期間分が認められるかという問題があります。その期間によっては、思ったほどの満足を得られない可能性があります。

このようなことからすると、金銭的な賠償を求める場合でも、会社に対しては「職場復職を求める」という形で請求を立てながら、手続きの過程で金銭的な解決の道を探るという選択肢が出てきます。

特に、労働審判の場合は、早期の解決のために手続きの早い段階から解決に向けた実際の意向を裁判所から聞かれますので、請求上はあくまでも復職を求めるという形を取りつつ、金銭的解決を求めることは比較的容易です。

(労働審判について知りたいという方はこちら⇒労働審判~解雇を争うための手続きを考える

ただし、もう絶対に復職したくないという時に、建前上「職場復職を求める」という形で会社に請求していくと、万が一会社から「では解雇を撤回しますので働いてください」と言われてしまうとやや困ったことになりますので、この点も考えなければいけません。

職場に戻りたいのかどうか

以上のとおり、復職を希望していないという場合の争い方には少々難しい問題がありますが、いずれにせよ、解雇を争いたいという場合は、まずは職場に戻りたいということなのか、そうではないのかという自分自身の気持ちを良く良く考えて頂く必要があります。

併せて知っておきたい

・解雇理由全般について知る。
解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか~

・解雇予告手当について知る。
解雇と解雇予告手当

・解雇通知をされた時にとるべき行動について知る。
解雇通知書を渡されたときにまずしなければいけないこと

・「それは本当に解雇なのか」という検討は意外と大切です
解雇と自主退職の境界~「辞める」と口にする前に知っておきたいこと

主な記事ガイド

・解雇トラブルについて弁護士に相談したいという方へ。
弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内

法律相談のご案内

関連記事

「不当解雇された!」と思ったときに知っておくべきこと

「不当解雇された!」と思ったときに、慌てて不用意な行動をして後で後悔しないために、まず知っておい

記事を読む

解雇日の特定~それは本当に「解雇予告」にあたるのか?

解雇予告はあったか 30日以上前に解雇予告をしている場合には、解雇予告手当を支払う必要はありま

記事を読む

内部告発を理由とする解雇・不利益処分は許されるのか

内部告発と解雇の不安 働いている会社で不正が行われていることを知った時、例えば、それが一般の消

記事を読む

解雇と自主退職の境界~「辞める」と口にする前に知っておきたいこと

解雇か退職かをめぐって 従業員としては会社から解雇されたと思っているのに、会社の側から、解雇な

記事を読む

解雇を争っている間に別の会社で働くことは可能でしょうか?

他の仕事をしていいか 解雇の効力を争っている間に、別の仕事をしていいかということをよく聞かれま

記事を読む

長期間経過後の解雇無効主張

従業員の地位があることの主張 解雇を言い渡されたけれどもこれを争いたいという場合には、通常は、

記事を読む

会社の破産と従業員の解雇~給料の立替払い制度

立替払い制度の利用 会社の破産と解雇で、破産手続きの中で未払い給料・退職金がどう扱われるのかと

記事を読む

解雇事由・懲戒事由を確認するためにまずは就業規則を読む!

就業規則 解雇や退職をめぐるトラブルで弁護士のところに相談に行くときに、持っていった方がいい書類の

記事を読む

契約社員と解雇~契約期間途中での解雇と自主退職~

契約期間の定めとその上限 1年契約、2年契約というように、雇用期間が当初から定められている契約

記事を読む

解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか~

解雇を巡る争い 弁護士に寄せられる労働相談で多いのは、やはり解雇を巡るご相談です。

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
  • img_logo_head
    logo4
    /
PAGE TOP ↑