弁護士に相談するときに気をつけたいこと




① 関係書類を持参すること

弁護士に相談に行く時は、関係する書類等をなるべく持参するようにしてください。

例えば、応募した際の求人広告や、雇用契約書、就業規則、給与明細、解雇通知書、解雇理由書、離職票、その他会社との間でやりとりをした書面類などです。

弁護士は、通常、単にあなたから事情を聞くだけではなく、このような客観的な書類と照らし合わせて間違いがないかどうかを確認しながら、事情を把握していきます。

ですから、相談を有効に行うためには、実際に使うかどうかはさておき、とにかく関係しそうな書類は全て持っていくとことが大切です。

② 事情を時系列で書き出しておくこと

相談に行く前には、可能であれば、事情を時系列で書き出しておくと、相談がスムーズに行く場合が多いです。

いざ話をしようとすると分かるのですが、込み入った話を順番に順序立てて話をするというのは大変難しいものです。

相談に行ったはいいけれど、何から話をしていいものやら、ということで、うまく事情が説明できないまま終わってしまう危険もあります。

もちろん、弁護士は込み入った話を解きほぐして話のポイントを掴んでいく経験を日々積んではいますが、そうは言ってもやはり、少しでも整理して話ができればいいに越したことはありません。

書き出すことで、自分の頭の整理ができますし、書きだしたメモのコピーを弁護士に渡して、それを見ながら話をすることで、言い忘れ、聞き忘れをすることなく、相談を受けることができます。

③ 自分に不利な事情も話すこと

弁護士に相談する時は、自分にとって不利と思えることもできる限り話をするようにしてください。

弁護士は、証拠書類を見ながら、相談者が意識していない点も含めて問題となりうる事実を漏れなく聞き出すように努力をします。

しかし、それでも、事情を一番よく分かっている相談者の方があえて話をしなければ、事実の把握にも限界があります。

いざ争いになれば、様々な事実が遅かれ早かれ明らかになります。

あなたにとって不利な事実でも、その存在が分かっていれば、弁護士は、それを前提にした作戦を立てることができます。

正確な事実認識ができてこそ、もっとも適切な方針を立てることができるのです。

そのためには、あなたが、言いづらいこと、不利益な事実も、弁護士に伝えることがまず大切です。

併せて知っておきたい

「不当解雇された!」と思ったときに知っておくべきこと

労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止

解雇を争うための手続きを考える~労働審判という選択~

退職勧奨~違法となる時、ならない時~退職届を出す前に知っておきたいこと

解雇予告手当が必要な場合とは?

業務上のミスを理由に会社から損害賠償請求されたときに知っておきたいこと

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

・労働トラブルについて弁護士に相談したいという方に。
労働相談@名古屋のご案内


その悩み、相談してみませんか

「会社のやり方に納得がいかない」
「でも、どう行動していいか分からない。」

こんなとき、法的な角度から問題を整理することで、今どんな選択肢があるのか、何をすべきなのかを考える糸口がきっと見つかります。

労働トラブルでお困りの方は、是非、お気軽にご相談ください。