▼法律相談をご希望の方はこちら≫≫≫名古屋の弁護士による労働相談のご案内

残業代請求に必要な証拠とは




残業時間の認定方法

未払い残業代請求にあたっては、労働時間(残業時間)の証明をどのように行うのか、というのが常に大きな問題になります。

残業時間の証明方法について、参考になる裁判例(平成24年12月27日東京地裁判決)をとりあげて考えてみたいと思います。

この裁判は、商業デザインの企画、制作等を営む会社で働いていたデザイナーが、会社に対して未払い残業代の請求等を行った事案です。

タイムカードによる認定、その他の証拠による認定

裁判所は、まず、労働時間の認定にあたっての基本的な考え方として

「使用者には,労働者の労働時間を適正に把握する義務が課されている」

という点を指摘しています。

そして

「使用者がタイムカードによって労働時間を記録、管理していた場合には、タイムカードに記録された時刻を基準に出勤の有無及び実労働時間を推定することが相当である」

とした上で、

「ただし、他により客観的かつ合理的な証拠が存在する場合には、その証拠により出勤の有無及び実労働時間を認定することが相当である」

としました。

客観的かつ合理的な証拠による認定

この事案で、裁判所は「客観的かつ合理的な証拠による認定」として、タイムカード上で出退勤時刻の記録がない日についても、原告のパソコン上のデータ保存記録(タイムスタンプ)が残されていることを理由に原告の出勤の事実を認めました。

そして、それぞれの出勤時刻と退勤時刻については、以下のように認定しています。

【出勤時刻】
その日の最初のデータ保存記録から2時間遡った時刻

【退勤時刻】
その日の最終のデータ保存時刻又はメール送信時刻

様々な事情により、タイムカードと実際の勤務時間とが異なるという場合がありますが、そんな場合の立証方法を考える上で参考になる裁判例です。

タイムカードによる出退勤管理がなされていない場合

他方で、タイムカードによる出退勤管理がなされていない場合について参考になる裁判例として大阪高裁平成17年12月1日判決をみてみます。

この事案は、工業用ゴム製品・合成樹脂製品の販売等を営む会社の従業員が会社に対して、未払い残業代の請求をした事案ですが、特徴として、タイムカード等を用いた出退勤管理がなされていなかったという事情がありました。

出退勤の管理責任が会社にあることを理由に・・・

裁判所は、原告の主張する業務終了時刻について、客観性のある証拠がない(原告の妻が原告の帰宅時間を記載したノートについても、それだけは退社時刻の把握は困難とされています)等と指摘しながらも、

①タイムカード等による出退勤管理をしていなかったのは、もっぱら会社側の責任によるものであって、これをもって原告に不利益に扱うべきではない

②会社が、残業許可願を提出しないまま残業している従業員がいることを把握しながら、これを放置していたことからすると、具体的な終了時刻や従事した勤務の内容が明らかではないことをもって時間外労働の立証が全くされていないとして扱うのは相当ではない

として、「ある程度概括的な推認」によって一部の請求を認めました。

客観的な証拠に基づく十分な立証ができない事情がある場合に、立証のハードルを突破するための一つの考え方として参考になる裁判例です。

あわせて知っておきたい

残業代請求について知る

残業代請求をする前に知っておきたいこと

残業代請求にあたり付加金が認められる場合

「労働時間を算定しがたいとき」の意味

退職に伴う諸問題について考える

退職時に有給休暇を使うために知っておきたいこと

解雇と自己都合退職の境界~「辞める」と口にする前に知っておきたいこと

退職金をめぐって~自己都合なのか会社都合なのか

支給日前に退職した場合のボーナスはどうなるのか

退職方法について考える

労働基準法等から退職方法を考える~会社を辞められない!?

退職勧奨が違法となるとき

退職届と退職願

労働トラブルについて弁護士に相談したいという方に

名古屋の弁護士による労働相談のご案内

広告

その悩み、相談してみませんか

「会社のやり方に納得がいかない」
「でも、どう行動していいか分からない。」

こんなとき、法的な角度から問題を整理することで、今どんな選択肢があるのか、何をすべきなのかを考える糸口が見つかります。

労働トラブルでお困りの方は、是非、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です