労働契約法~労働トラブルの解決に役立つ基本ルールについて

労働契約の大原則

弁護士として労働関係のご相談を受けていると、細かな法律の規定に違反しているかどうかよりも、守られるべき労働契約の基本ルールが無視されてしまっていることによって生じている問題が大変多いように感じます。

働くときに、会社(使用者)との間で結ぶ労働契約は、とても身近で生活に重大な影響を与える契約関係です。

しかし、働き始める前までに労働契約について詳しく学ぶ機会はなかなかありません。

そのために、働く人が、自分を守るすべを何も持たないままトラブルに巻き込まれ、不利益を受けている例をたくさん見ます。

労働契約法

平成19年に成立した労働契約法は、そのような労働契約の基本ルールを知る上で大変役立つ法律です。

わずか19条の条文しかなく、すぐに読めますので、ぜひ一度お読みいただくことをお勧めします。

ここでは、労働契約法のいくつかのポイントについて説明したいと思います。

特に重要なのは、労働契約の原則を定めた第3条です。

労働契約法の第3条は以下のように規定しています。

対等の立場での合意

① 労働契約は、労働者及び使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、または変更すべきものとする。

労働契約は、雇う人と働く人の「合意で決めるのが原則」であることと、その合意は「対等の立場に立って」行わなければいけないという二つの根本的ルールを規定しています。

一方的に契約内容を決めてしまったり、雇う側の圧倒的に有利な立場を利用して「従うか辞めるか」を迫るようなことは許されません。

このような合意の原則が守られるようにするため、第4条では

・使用者は、労働条件及び労働契約の内容について労働者の理解を深めるようにすること

・労働契約の内容については、できるかぎり書面により確認すること

も定められています。

(合意のあり方が問題になった具体例についてはこちら⇒給料の一方的減額と労働者の同意~「わかった」とは言ったけれど・・・

公平の理念

② 労働契約は、労働者及び使用者が、就業の実態に応じて均衡を考慮しつつ締結し、または変更すべきものとする。

「公平性」の理念も労働契約の基本原則です。

仕事と生活の調和

③ 労働契約は、労働者及び使用者が仕事と生活の調和にも配慮しつつ締結し、または変更すべきものとする。

このような規定がわざわざ法律に書かれていることを知って驚く人もいるかもしれません。

長時間労働等によって家庭生活その他の人生が犠牲になることがないように、わざわざ設けられた基本ルールです。

(配置転換の事案などで問題になってきます⇒配転命令を拒否できるのか?

信義誠実の原則、権利の濫用の禁止

④ 労働者及び使用者は、労働契約を遵守するとともに、信義に従い誠実に、権利を行使し、義務を履行しなければならない

⑤ 労働者及び使用者は、労働契約に基づく権利の行使に当たっては、それを濫用することがあってはならない。

一般の契約関係でも当てはまることですが、信義を守ること、権利を濫用しないことというのも労働契約の基本ルールです。

トラブルに直面して不利益を受けている時、このような労働契約の基本原則がそもそも破られているかもしれません。

紛争解決のために会社と話し合いをする際、こうした労働契約の基本原則が大いに役立ちます。

労働トラブルでお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内



併せて知っておきたい・・・

労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止について

解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか

退職勧奨が違法となるとき~退職届けを出す前に知っておきたいこと

退職勧奨が違法となるとき~退職届けを出す前に知っておきたいこと

業務上のミスを理由に会社から損害賠償請求されたときに知っておきたいこと

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

法律相談のご案内

弁護士による労働相談@名古屋|解雇・労災など労働問題に関するご相談
.
.

関連記事

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

労働者に知らされていない就業規則に効力は認められるか?

就業規則の周知義務 会社が労働者を懲戒するためには、あらかじめ就業規則で懲戒の種別及び事由が定

記事を読む

雇い止めのルール|契約社員の更新拒絶と労働契約法

2012年8月10日に労働契約法の一部を改正する法律が公布されましたが、その中で、期間の定めのあ

記事を読む

就業規則による労働条件の変更の効力~役職定年制の導入

就業規則とその変更 就業規則は、労働条件を統一的に定める職場のルールですので、その変更によって働く

記事を読む

労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止

監督機関 会社が労働基準法違反をしているから取り締まってほしいという時に訴える場所としてすぐに

記事を読む

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

目次 1 退職 2 退職金 3 競業避止義務 4 解雇(普通解雇、整理解雇、懲戒解雇) 5

記事を読む

労働条件の明示義務と労働条件通知書・雇用契約書

トラブルの防止のために 退職や解雇をめぐるトラブルでは、いわば在職中にたまっていたあらゆるトラ

記事を読む

違法な自宅待機命令~こんな自宅待機命令はありなのか?!

自宅待機が違法となる場合 懲戒解雇処分等が行われる前に処分が決まるまでの間、「自宅待機」を命ぜ

記事を読む

給料の一方的減額と労働者の同意~「わかった」とは言ったけれど・・・

給料の一方的減額 会社から一方的に給料を下げると言われたというご相談を受けることがあります。

記事を読む

業務上のミスを理由に会社から損害賠償請求をされたときに知っておきたいこと

在職中のミスを理由とする損害賠償 退職の場面でトラブルが生じたとき、あるいは、何らかのトラブルがあ

記事を読む

法律相談のご案内

弁護士による労働相談@名古屋|解雇・労災など労働問題に関するご相談
.
.

法律相談のご案内

弁護士による労働相談@名古屋|解雇・労災など労働問題に関するご相談
.
.
  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑