勤務中の喧嘩で怪我・死亡した場合、労災になるのか?

就業中の喧嘩による死亡

労働者が怪我をしたり病気になった時に、これが労災に該当するかどうかというのは大変大きな問題です。

労災といえるためには、それが「業務の起因する災害」といえることが必要となります。

就業中の喧嘩によって労働者が死亡したケースで、これが労災に該当するかどうかが争われた判例として昭和49年9月2日最高裁判決を採り上げます。

梁の間隔を巡って

この事案で亡くなった労働者は大工でした。

この労働者は、工事現場で屋根の板張りの仕事をしていたところ、就職の依頼のために工事現場を訪ねてきて、作業の手伝いなどをしていた元同僚から「仮枠の梁の間隔が広すぎる」と指摘され、これに対して「仕事もできもしないのに」という趣旨の発言を行いました。

その後、発言を聞き咎めた元同僚に呼ばれて道路に降りて行きましたが、謝罪せずに、かえって元同僚を馬鹿にした態度をとったことから怒った元同僚から顔面や頭部を殴打され、後日亡くなってしまったのです。

「業務上」の否定

このような事実関係で、最高裁は亡労働者は業務上死亡したとは言えないという結論をとりました。

その理由として最高裁は、本件災害の原因について、亡労働者が、元同僚に対してその感情を刺激することを述べ、さらに元同僚の呼びかけに応じて道路に降りてきた後、嘲笑的態度をとり相手を挑発したことによるものであるとした上で、

① 亡労働者の一連の行為は全体としてみれば本来の業務に含まれるものとは言えず

② 本来の業務に随伴または関連する行為にも該当しない。

③ また、業務妨害者に対して退去を求めるために必要な行為でもない。

という点を指摘しています。

就業中に生じた災害は、原則として労災に該当すると言えますが、本来の業務とは関係のない行為によって生じたなどの特別な事情がある時には、本件のように労災に該当しないとされることがありますので注意が必要です。

労災トラブルでお困りの方へ→弁護士による労働相談@名古屋のご案内


業務上の災害であることが認められた例

これに対して、同じく就業中の喧嘩によって労働者が負傷した場合で労災であることが認められた例として、東京高裁60年3月25日判決を採り上げたいと思います。

この事案で、レッカー車の運転手である被災者は、工事現場で同僚1名とともにトラックから鉄骨を地上に下ろす作業をしていました。

ところが、クレーン操作を担当していた被災者がワイヤーロープのたるみをなおすためにウインチをわずかにまいたところ、鉄骨の上で玉がけ作業をしていた同僚がトラックから落ちそうになってしまいました。

これがきっかけで、憤激した同僚は、運転席めがけて鉄製の角あてを投げつけ、さらに鉄パイプを持って運転席の前にきて殴りかかる姿勢を示しました。

これに対して、被災者は、同僚がなぜ怒っているのか分からないまま、いったんクレーンの運転席から降りて逃げましたが、その後、同僚がトラックの荷台に戻ったため、トラックの下まで行って、なぜ怒っているのかを尋ねました。

すると、同僚から「合図をせんのになぜ巻いた」と言われ、被災者が「たるみを直しただけ」などと答えたところ、さらに憤激した同僚からスパナで殴りつけられ負傷してしまいました。

業務上災害と認められる

これについて、裁判所は、

①被災者の負傷は、鉄骨の積み下ろし作業について、被災者と同僚との間の意思疎通を欠いたことが原因で生じたものであること

②自分が正しいと信じている被災者としては、同僚の憤激の理由を問いただして解消しなければ、その後の作業はできなかったこと

③そうすると、同僚の控訴人に対する憤激は、いわば「クレーンによる鉄骨積み下ろし作業に内在する危険から生じたもの」」と認められること

④ 一連の事件は数分程度以内に起こったもので、争いがいったん収まった後に私的挑発行為によって生じたものということはできないこと

を理由として挙げ、業務上の負傷であることを認めました。

昭和49年9月2日最高裁判決との違い

就業中の喧嘩による死亡について業務上の災害であることを否定した昭和49年9月2日最高裁判決と比較すると、最高裁の事例では被災者が相手の感情を刺激する発言をし、さらに相手に対して嘲笑的態度をとって挑発したことが喧嘩の原因とされています。

これに対して、本件では、喧嘩の原因はあくまでも作業の過程自体にあり、また、被災者は作業を継続するのに必要な限度での対応をするにとどまっていて、積極的な挑発的行為を行っていないという違いがあるということができます。

労災トラブルでお困りの方へ→弁護士による労働相談@名古屋のご案内


shita


併せて知っておきたい

労災と会社行事への参加~業務といえるのか~

労災・通勤災害と解雇~解雇が可能な場合と不可能な場合~

退職後の労災(休業補償給付受給中の退職、退職後の手続き)

労働基準法にいう「労働者」の意味~怪我をした大工さんと労災保険~

従業員のミスと会社からの損害賠償請求


法律相談のご案内

関連記事

617900368ad5628a7790284e9a3ca221_l

休職と解雇~復職可能性の判断方法・医師の診断書の要否~

復職をめぐる争い 近年、精神疾患のために休職をする方が大変増えており、復職をめぐってご相談を受

記事を読む

dcdc970b91122d632d22e50c486da9bb_m

労災認定と労働基準法にいう「労働者」の意味~怪我をした大工さんの場合~

大工さんのケース どのような場合に労災の認定を受けられる「労働者」になるのかについて判断した裁

記事を読む

ELL54_ha-bunoyoseue500

労災保険保険給付を受けられる人の範囲~取締役だけど労働者

「労働者」・・・なのか? 労働者が業務の上で病気になったり、怪我をしたりすると労災保険からの給付を

記事を読む

11e16d05ea2cb2dfba36b58902211fd4_m

労災認定と労働基準法にいう「労働者」の意味~トラック運転手の場合~

労働者かどうか 労働基準法上の「労働者」に当たるのであれば、労働基準法の規制が及ぶのに対して、

記事を読む

c2207037a011e694663395652d71b653_m

退職後の労災(休業補償給付受給中の退職、退職後の手続き)

労災保険制度 働く人が、仕事をする上で怪我をしたり病気になったり死亡した場合について補償が行わ

記事を読む

a5736b7a2bd4a87bf7e4aa4a0a491edd_m

労災・通勤災害と解雇

労災保険制度と解雇制限 仕事の上で被った負傷や疾病、死亡については、その災害が起こった点について使

記事を読む

ELL54_ha-bunoyoseue500

会社行事への参加と労災

忘年会後の交通事故 会社の行事に参加して事故に遭った場合に労災となるのかが問題となる場合があり

記事を読む

f8f9cca8dc1f81313fe16e964703cddd_m

精神的疾患に基づく解雇の有効性が争われた裁判例

精神的疾患に基づく解雇 先般、厚生労働省から「平成23年度の脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑