違法な自宅待機命令~こんな自宅待機命令はありなのか?!

自宅待機が違法となる場合

懲戒解雇処分等が行われる前に処分が決まるまでの間、「自宅待機」を命ぜられる場合があります。

このような自宅待機が違法となる場合について触れた裁判例として、平成5年9月24日千葉地裁判決を取り上げたいと思います。

7カ月間続けられた自宅待機

この事件は、航空会社で整備士として働く従業員が、勤務中に旅客機内でシャンパンを飲んだことなどを理由に解雇されたのに対して、解雇の効力を争って起こした訴訟です。

(ちなみに、判決の中では、シャンパンを飲んだ点について、炭酸飲料と間違えて飲んだものと認定されています)

解雇理由の一つとして、従業員が自宅待機命令に従わずに就労したことが挙げられたことから、自宅待機命令の適法性が問題となりました。

自宅待機命令は約7カ月間続けられ、従業員は約7カ月目に3日間就労を強行していました。

自宅待機を命じる正当な理由

このケースで、裁判所は

「使用者が従業員に対し労務提供の待機を命じることは、当該従業員の労務の性質上就労することに特段の利益がある場合を除き、雇用契約の一般的指揮監督権に基づく業務命令として許される」

としたうえで

「業務命令としての自宅待機も正当な理由がない場合には裁量権の逸脱として違法となる」

としました。

そして、裁判所は、この事案について、当初自宅待機命令を発したこと自体は適法であるとしても、自宅待機命令を約7ヵ月間継続した点は正当な理由がなく違法であると判断しました。

その理由としては、約1カ月後には事情聴取がなされ、約3カ月後までには、従業員の弁解の内容等も明確になっていたことからすると、会社が自宅待機命令を長期間継続した主たる目的は任意の退職を求める点にあったといえ、その間には必要な事実調査が尽くされなかったことが指摘されています。

自宅待機というのは、トラブルに絡んでよく使われる措置ではありますが、当然のことながら無制約に命じるわけではなく、自宅待機を命じるだけの正当な理由が必要なのです。

労働問題でお困りの方へ→弁護士による労働相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

懲戒に先立つ自宅待機命令と給料支払い義務

退職と有給休暇の申し出について

自己都合による退職?会社都合による退職?~退職金の支給をめぐって~

退職勧奨(退職勧告)~違法となる時、ならない時~退職届を出す前に知っておきたいこと

懲戒解雇手続きの適正


法律相談のご案内

関連記事

c3a7c18b96adafa7349bad07aba20539_l

労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止

監督機関 会社が労働基準法違反をしているから取り締まってほしいという時に訴える場所としてすぐに

記事を読む

N934_hanouenosuiteki500

従業員のミスと会社からの損害賠償請求

会社から従業員に対する損害賠償請求 従業員が何らかの過失で会社に損害を与えたという場合も 当然に会

記事を読む

a1380_000088

「賞与支給日に在籍していないから払わない」は通用するか?

支給日在籍要件について 賞与について、就業規則等で「支給日在籍者に対し支給する」と定めている会社が

記事を読む

12c0c340090bb7ef839f40f870fe4999_m

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

24c70b708706503f0e995d6832695a36_m

労働者に知らされていない就業規則に効力は認められるか?

就業規則の周知義務 会社が労働者を懲戒するためには、あらかじめ就業規則で懲戒の種別及び事由が定

記事を読む

67cf6d2f5867021b35c5cc9c29afd0cc_l

期間の定めのある契約と雇止め~更新拒否ができる場合、できない場合~

雇いどめに対する規制 あらかじめ雇用期間が決まっている「期間の定めのある契約」の場合、本来であれば

記事を読む

2a509e3dcaef15de02f37f3d12630a5b_l

履歴書の賞罰欄に罰金刑や起訴猶予歴を書く必要はあるか

賞罰の意味 履歴書に「賞罰欄」がもうけられている場合がありますが、いったい何が「賞」や「罰」に

記事を読む

PAK63_purezentobox20131005500

アルバイト(パート)でも有給休暇は取得できる?

アルバイトだから有給休暇はない!? パートやアルバイトとして働いている方について、法律の規制が

記事を読む

71ba19722b2e67bd90eb20d1c24849c1_m

交通事故を起こして会社の車を壊してしまった場合の修理費用は全額負担すべきなのか?

会社からの損害賠償請求 会社と従業員との間でトラブルが生じたときに、会社が従業員の行為によって

記事を読む

34b153202c296d85d15cd83d5c3c0b50_m

労働条件の明示義務と労働条件通知書・雇用契約書

トラブルの防止のために 退職や解雇をめぐるトラブルでは、いわば在職中にたまっていたあらゆるトラ

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑