懲戒解雇事由の発覚と退職金の返還請求

いったん払われた退職金の返還請求

懲戒解雇と退職金の不支給で取り上げたのは、実際に懲戒解雇がされ、退職金が支払われなかったという事案です。

これとは異なり、自主退職をして退職金が支払われたもの、その後で懲戒解雇事由が発覚したとして

「退職後に懲戒解雇事由が発覚した場合には退職金の返還を求めることができる」

という就業規則に基づいて退職金の返還請求がされた事例(平成23年5月12日東京地裁判決)を見てみます。

大量引き抜き

この事案では、各種情報処理システムのハードウエア、ソフトウエアの販売開発などを行う会社で勤務していた従業員が、退社後に会社の元取締役が設立した同業の新会社に移り、その際に自らがプロジェクトリーダー等を務めていたチームの部下を大量に引き抜いた行為が問題となりました。

裁判所は、まず、「退職後に懲戒解雇事由が明らかになった場合には支払った退職金の返還請求が出来る」という就業規則の規定について、この会社における退職金は、功労報償的な性格と賃金の後払いとしての性格を併せ持ったものであるから、単に懲戒解雇事由が存在するというだけで直ちに退職金の返還が認められるのではなく

「従業員のそれまでの勤続の功を抹消してしまうほどの著しく信義に反する行為」がなければ退職金返還義務を負わない

と述べました。

著しく信義に反する行為か?

その上で、退職金の返還請求が問題となった退職者3名のうち、2名については

① 在職中に、その地位を利用して部下の従業員らに対して積極的に勧誘行為を行ったこと

② その際、業務時間外に限定して原告との雇用関係を前提とする人間関係、取引関係等を利用しないよう配慮する等して行われたとする痕跡が全くなく、むしろ、会社との雇用関係を前提とする地位、職場のメール、人間関係、取引関係等も利用する等して行われたものと評価することできること

③ 両名とも、在職中に従事していた業務を新会社で継続するに足りる従業員が新会社に移行することに関与した上で、退職し、新会社に就職したこと

を指摘し、このような行為は、「社員に不当な方法で退職を強制したり,引き抜き,またはそれらを行おうとしたとき」等の懲戒解雇事由に該当するとしました。

さらに、

① 両名がプロジェクトリーダー等として関与していた取引先担当の従業員の多く(1社については18名、もう1社については12名)がほぼ同時期に退職して新会社に移ったこと

② このような一斉の退職によって取引先との関係における会社の業務に支障が生じることを十分に認識していたこと

③ 実際に当該2社との関係での売り上げが翌年から0円になったこと

からすると、両名について「いずれもそれまでの勤続の功を抹消してしまうほどの著しく信義に反する行為があった」と結論づけました。

他方で退職金の返還請求がされた3名のうち残りの1名については、積極的に従業員に対して新会社に移るように勧誘した証拠はないとして懲戒事由の存在を否定し、懲戒事由があることを前提とする退職金請求は認められないとしました。

退職金の返還請求が認められるほどの「著しく信義に反する行為」がどのように判断されるのかを見る上で参考になる事例です。

懲戒解雇でお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

逮捕されたこと・刑事処罰を受けたことを理由とする懲戒解雇

懲戒解雇と退職金の不支給

懲戒解雇と普通解雇の違い~懲戒解雇としては無効でも普通解雇なら有効?~

法律相談のご案内

関連記事

PP_kigitogaitou500

取締役と退職金請求|実質的には労働者とされる場合

退職金を請求する権利 退職金請求権は退職する際に当然に発生するというわけではありません。 退

記事を読む

c3dcbbeb90d0102673f9ac5a6ec33458_m

求人票の記載と退職金規定~あると聞いていた退職金が実はなかった

退職金が出ると思っていたのに・・・ 「解雇されたのか?それとも自分から退職したのか?」でご紹介

記事を読む

C777_tabeleniokaretat-cuptomemo500

懲戒解雇と退職金の不支給~その就業規則は有効か?

退職金の支払いを巡って 円満ではない退職をする場合によく問題となるのが、退職金の支払いを巡るト

記事を読む

091e3689a3c00163a1c98f5e8deea5b7_l

退職金共済による退職金の返還請求

退職金共済制度 中小企業で働いていらっしゃる方の場合、会社が勤労者退職金共済機構の退職金共済に

記事を読む

da828d55409b75770ae21caebc8801cb_m

自己都合か会社都合か~退職金の支給をめぐって

自己都合、会社都合と退職金支給率 退職金規定の中で「自己都合」の場合と「会社都合」の場合とで退職金

記事を読む

G142_park500

懲戒解雇ですから退職金は支給しません!?~私生活上の不祥事と懲戒解雇・退職金不払い

電鉄会社社員の不祥事 懲戒解雇された場合の退職金の不支給について判断をした裁判例として、もうひ

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑