労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止

監督機関

会社が労働基準法違反をしているから取り締まってほしいという時に訴える場所としてすぐに思い浮かぶのが労働基準監督署だと思います。

労働基準監督署は、労働基準を定める各法律が守られるようにするために設けられている監督機関です。

各種の権限

労働基準監督署長には、事業場等に「臨検し(立ち入り調査をするということです)、帳簿及び書類の提出を求め、使用者に対して尋問を行うことができる」というとても強力な権限が与えられています。

また、労働基準法には、違反に対して罰則を定める数多くの規定があります。

例えば、解雇予告手当の支払いを怠った場合には「六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金」が定められています(労働基準法20条、119条)。

そして、これらの労働基準法に違反する罪については、労働基準監督署長に警察と同様の権限が与えられており、逮捕や捜索差押え等も可能になっています。

したがって、職場で労働基準法に違反する行為が行われているという場合には、この監督機関を十分に利用しない手はありません。

不利益取り扱いの禁止

労働基準法に違反する事実がある場合、労働者には労働基準監督署に申告することが権利として認められています。

申告があると、労働基準監督署は申告された内容だけではなく、広く法律違反がないかの調査を行うことになるため、法律違反を重ねているような会社は申告調査を極度に恐れ嫌がりますが、労働基準法は、労働者が安心して申告できるようにするために、会社が労働者の申告を理由として解雇その他不利益な取り扱いをすることを禁ずる規定も置いています。

申告・相談にあたって

労働基準監督署に申告に行くときには、なるべく事情を整理して書きだした上で、労働基準法違反を裏付ける資料があればそれも用意していくとより話がスムーズに進みます。

また、多くの申告が寄せられる中で労働基準監督署の担当者がより熱意をもって取り組んでもらえるように、労働基準法違反の事実によって労働者として困っている状況を分かりやすく伝え、会社に対して速やかに強力な指導を行ってもらうよう粘り強く働きかけることが大切です。

労働問題でお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

退職後の労災(休業補償給付受給中の退職、退職後の手続き)

残業代請求~弁護士が教える残業代請求のポイント~時効から残業時間の証明方法まで

内部告発を理由とする解雇・不利益処分は許されるのか

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

法律相談のご案内

関連記事

弁護士に相談するときに気をつけたいこと

① 関係書類を持参すること 弁護士に相談に行く時は、関係する書類等をなるべく持参するようにしてくだ

記事を読む

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

交通事故を起こして会社の車を壊してしまった場合の修理費用は全額負担すべきなのか?

会社からの損害賠償請求 会社と従業員との間でトラブルが生じたときに、会社が従業員の行為によって

記事を読む

就業規則による労働条件の変更の効力~役職定年制の導入

就業規則とその変更 就業規則は、労働条件を統一的に定める職場のルールですので、その変更によって働く

記事を読む

労働条件の明示義務と労働条件通知書・雇用契約書

トラブルの防止のために 退職や解雇をめぐるトラブルでは、いわば在職中にたまっていたあらゆるトラ

記事を読む

業務上のミスを理由に会社から損害賠償請求をされたときに知っておきたいこと

在職中のミスを理由とする損害賠償 退職の場面でトラブルが生じたとき、あるいは、何らかのトラブルがあ

記事を読む

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

目次 1 退職 2 退職金 3 競業避止義務 4 解雇(普通解雇、整理解雇、懲戒解雇) 5

記事を読む

従業員のミスと会社からの損害賠償請求

会社から従業員に対する損害賠償請求 従業員が何らかの過失で会社に損害を与えたという場合も 当然に会

記事を読む

パート労働者と労働条件の明示義務・待遇の説明義務

パートタイム労働者も「労働者」 働く人の中には、パートやアルバイトなど名称は様々ですが短時間労

記事を読む

給料の一方的減額と労働者の同意~「わかった」とは言ったけれど・・・

給料の一方的減額 会社から一方的に給料を下げると言われたというご相談を受けることがあります。

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑