ボーナス支給日前に退職した場合のボーナスはどうなるのか




ボーナス支給日前に退職した場合

賞与について、就業規則等で「支給日在籍者に対し支給する」と定めている会社が多くみられます。

様々な事情で支給日直前に退職せざるをえないという場合、「賞与の全部または一部でも支給を受けられないだろうか」という思いをもたれる方もいるかと思います。

しかし、裁判所は支給日在籍条件が定められている場合に、これを理由に賞与を支払わないことを認める判断をしています(例えば、最高裁昭和57年10月7日判決)。

その理由については、

①支給日在籍要件は、受給資格者を明確な基準で確定する必要から認められるものであり、十分合理性が認められる。

②退職した者に不測の損害を与えるものとは言えないし、支給日在籍者と不在籍者との間に不当な差別を設けるものでもない。

などと説明されています(平成8年10月29日東京地裁判決)。

支給が遅れた場合はどうなるか

もっとも、賞与の支給が予定日から遅れ、その間に退職してしまったという場合にまで、支給日在籍条件を理由に支払いが受けられないというのは大変不合理です。

このようなケースについて争われた裁判例(平成12年2月14日東京地裁判決)をみてみます。

この事案は、団体交渉での妥結が遅れたことによって賞与の支給が予定よりも約2ヶ月半遅れ、その間に退職した従業員が賞与の支払いを受けられなかったために、その支払いを求めて訴えを起こしたというケースです。

裁判所は

「支給が支給予定日よりも遅れた場合に、支給対象者を現実に賞与が支給された日に在籍する従業員に限るとすることは、賞与請求権を取得した者の地位を著しく不安定にするものである」

などと指摘した上で、支給日在籍要件にいう支給日とは「支給予定日」を指すとして、支給予定日に在籍していた原告らへの賞与の支払いを命じました。

支給が予定より遅れた場合にまで、支給日在籍要件を理由に支給が受けられなくなるわけではない、という点に注意が必要です。

あわせて知っておきたい

退職方法について考える

労働基準法等から退職方法を考える~会社を辞められない!?

退職届の撤回・取り消しはできるか

解雇と自己都合退職の境界~「辞める」と口にする前に知っておきたいこと

退職に伴う諸問題について知る

退職時に有給休暇を使うために知っておきたいこと

退職金をめぐって~自己都合なのか会社都合なのか

退職後の競業避止義務~誓約書は拒否できるか

解雇や懲戒解雇時の退職金はどうなるか

退職勧奨について知る

退職勧奨が違法となるとき

うつ病による休職・復職後の退職勧奨が違法とされた裁判例

結婚を機にされた退職勧奨が違法とされた裁判例

退職トラブルについて弁護士に相談したいという方に

労働相談@名古屋のご案内


その悩み、相談してみませんか

「会社のやり方に納得がいかない」
「でも、どう行動していいか分からない。」

こんなとき、法的な角度から問題を整理することで、今どんな選択肢があるのか、何をすべきなのかを考える糸口がきっと見つかります。

労働トラブルでお困りの方は、是非、お気軽にご相談ください。