懲戒解雇時に給料/失業保険はどうなるか

懲戒解雇をされたら給料はもらえない?!

「懲戒解雇されたら今まで働いた分の給料はもらえないのでしょうか」というお尋ねを受けることがあります。

身に覚えのある非違行為で懲戒解雇を受ける場合には、会社への引け目もあり、懲戒解雇となる以上は、会社に対して何も言えないような気持ちになって上記のようなお尋ねになるのだと思います。

しかし、法律的には、懲戒解雇の問題と給料の支払いの問題とは全く別の問題です。

つまり、懲戒解雇になるからといって今まで働いた分の給料が当然にもらえなくなる訳ではなく、既に発生している給料を請求することはできます。

会社からの損害賠償請求との関係

もちろん、懲戒解雇事由の内容(例えば会社のお金の着服など)によっては、会社からの損害賠償請求という形で給料の金額を上回る請求を受けることはありえます。

しかし、このときには、二つの点に注意が必要です。

会社の請求は法的に認められる範囲のものか

一つは、会社からの損害賠償請求が法律的に認められる範囲のものかどうかという点です。

こちら(→仕事上のミスで会社に損害を与えた場合に賠償義務を負うのか)でも詳しく書きましたが、会社は労働者の故意過失に基づく行為によって被った損害について賠償請求する場合も、実際に生じている損害を超える請求が出来るわけではありません。またその場合の請求も各種の事情を考慮した相当な限度に限定されます。

特に、懲戒解雇を伴う場面では、抽象的に「迷惑料」的な意味合いで実際に会社に生じた損害を上回る損害賠償請求が簡単に口にされることがありますので、注意が必要です。

相殺の禁止

もう一つは、たとえ損害賠償請求が可能な場合でも会社からの一方的な相殺は許されないという点です。

法律上、給料については、「全額払いの原則」が定められています(労働基準法24条1項本文)。労働者の生活の安定を確保するという見地から、給料を一部しか払わないということは許されず、会社を全額を払わなければいけないのです。

したがって、会社が労働者に対して損害賠償請求できるという場合も、これを一方的に給料と相殺する(つまり、給料と差し引きしてチャラにする)ということは許されないことになります。

もちろん、会社が「一方的に」相殺することは許されないということですので、労働者の同意のもとで相殺をするということはあり得ますが、同意の強制が許されないのは言うまでもありません。

懲戒解雇時に、色々な理由をつけて給料を払ってもらえないという場合には、是非参考にして頂ければと思います。

懲戒解雇時の失業保険の扱い

似たようなご質問で、「懲戒解雇時にも失業保険がもらえるのか」というお尋ねもありますが、懲戒解雇であっても失業保険は受け取れます。

懲戒解雇の場合には「特定受給資格者」(給付日数が手厚かったり、3ヶ月間の給付制限期間がありません)Iにならないというだけで、通常の自己都合退職と同様に3ヶ月の給付制限期間後に失業保険を受け取ることができます。(他の受給要件を満たしていることが前提です)

この点も、上記給料の問題と同様、懲戒解雇される場合のデメリットを検討する上で、参考にして頂ければと思います。

あわせて知っておきたい

懲戒処分について知る

懲戒解雇とその理由~懲戒解雇されたときに知っておきたいこと

逮捕を理由とする懲戒解雇は許されるか

始末書の不提出と出勤停止処分~その懲戒処分は重すぎる?

懲戒解雇をあとから普通解雇にすることは許されるか

後で付け加えられた懲戒理由に効力はあるか

懲戒解雇事由に該当するか~「名誉または信用を害した」の意味

懲戒解雇と退職金について知る

解雇や懲戒解雇時の退職金はどうなるか

痴漢行為による懲戒解雇と退職金の不支給

懲戒解雇事由の発覚と退職金の返還請求

懲戒解雇を巡るトラブルについて弁護士に相談したいという方へ

名古屋の弁護士による労働相談のご案内


その悩み、相談してみませんか

「会社のやり方に納得がいかない」
「でも、どう行動していいか分からない。」

こんなとき、法的な角度から問題を整理することで、今どんな選択肢があるのか、何をすべきなのかを考える糸口が見つかります。

労働トラブルでお困りの方は、是非、お気軽にご相談ください。