交通事故を起こして会社の車を壊してしまった場合の修理費用は全額負担すべきなのか?

会社からの損害賠償請求

会社と従業員との間でトラブルが生じたときに、会社が従業員の行為によって損害を被ったとして損害賠償請求を持ち出してくることというのはよくあります。

もっとも、会社が従業員の行為によって損害を被ったという場合も、当然にその全額を賠償請求出来るというわけではありません。

信義則上相当な限度

この点については、最高裁の判例で、以下のような判断が定式化されています。

使用者が,その事業の執行につきなされた被用者の加害行為により、直接損害を被った場合には、使用者は、その事業の性格、規模、施設の状況、被用者の業務の内容、労働条件、勤務態度、加害行為の態様、加害行為の予防もしくは損失の分散についての使用者の配慮の程度その他諸般の事情に照らし、「損害の公平な分担という見地から信義則上相当と認められる限度において」、被用者に対し,損害の賠償を請求することができるにとどまる

少し長くて分かりづらいかもしれませんが、要する、会社が賠償請求出来るのは、「損害の公平な分担という見地から信義則上相当な限度」に限られるのです。


交通事故による車の損傷

もっとも、「損害の公平な分担という見地から信義則上相当な限度」というのは具体的にはどれくらいなのかというのが問題です。

その一つの例として、平成12年11月21日京都地裁判決と、その控訴審である平成13年4月11日大阪高裁判決を紹介します。

この事案は、トラックの運転手をしていた従業員が、業務中にスリップ事故を起こし、会社の4トントラックを損傷させたとして、会社が従業員に対して、修理費用等を請求した事案です。

5%の負担

京都地裁判決は、会社が請求出来るのは「損害の公平な分担という見地から信義則上相当な限度に限られる」としたうえで、

① 会社は、車両保険等に加入することにより車両損害を分散させる手だてをとっていなかったこと

② 原告の従業員が交通事故を起こすことが日常茶飯事であったということは、原告における労働条件や従業員に対する安全指導、車両整備等にも原因があったものと推認されること

③ 原告に従業員が長く定着しないことからも、原告における労働条件に問題があったことが推認されること

④ 本件事故の発生について、従業員に重大な過失があったとは言えないこと

などを指摘して、会社が従業員に対して請求出来るのは、損害額(修理費用)の5%の限度にとどまる、と結論づけました。

会社がこれを不服として控訴した大阪高裁でも、同じ結論が維持されています。

特に会社が、「1審判決が、車両保険に加入していなかったことや労働条件に問題があったことを重視しているのは不当である」と主張したのに対して、大阪高裁判決は、本件では、会社の車両保険加人の有無や、労働条件、勤務態度等の諸事情を総合的に考慮して判断すべきであると改めて述べています。

こういった交通事故の例に限らず、不注意で会社の機会や備品を破損してしまったりすることは、よくあることです。また、取引関係が複雑化する中では、従業員のちょっとした不注意によって思わぬ大きな損害が生じることもありえます。

そんな時、会社が、当然に損害の全額を従業員に対して賠償請求出来るかのようにふるまうことがありますが、決してそうではないことをよく覚えておく必要があります。

会社からの賠償請求でお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

・従業員の仕事上のミスを理由とする損害賠償請求についてもう少し詳しく知る
従業員の仕事上のミスを理由とする損害賠償請求

・他の具体例を見てみる
従業員のミスと損害賠償請求~

居眠りが原因で機械が壊れた!~会社から従業員に対する損賠賠償請求とその結末~


法律相談のご案内

関連記事

53cc43093d25c63b38f9308ef1ff8a82_m

違法な自宅待機命令~こんな自宅待機命令はありなのか?!

自宅待機が違法となる場合 懲戒解雇処分等が行われる前に処分が決まるまでの間、「自宅待機」を命ぜ

記事を読む

4d4bfa1da0dfcd81108b8206f5b79428_m

就業規則による労働条件の変更の効力~役職定年制の導入

就業規則とその変更 就業規則は、労働条件を統一的に定める職場のルールですので、その変更によって働く

記事を読む

12c0c340090bb7ef839f40f870fe4999_m

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

fce37faccad4f003462464d6ab602228_m

労働条件の明示義務と採用時の説明

話が違う・・・ 職場でのトラブルを抱えて相談に来られる方の中には、「実は、そもそも働き始めた時

記事を読む

5c49e343756b8ad76f12c96080eb53e9_l

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

目次 1 退職 2 退職金 3 競業避止義務 4 解雇(普通解雇、整理解雇、懲戒解雇) 5

記事を読む

c8927345a35b371ce6e0f1337c19f67c_m

業務上のミスを理由に会社から損害賠償請求をされたときに知っておきたいこと

在職中のミスを理由とする損害賠償 退職の場面でトラブルが生じたとき、あるいは、何らかのトラブルがあ

記事を読む

67cf6d2f5867021b35c5cc9c29afd0cc_l

期間の定めのある契約と雇止め~更新拒否ができる場合、できない場合~

雇いどめに対する規制 あらかじめ雇用期間が決まっている「期間の定めのある契約」の場合、本来であれば

記事を読む

d37ad1784308c469d46f9dbfe2a8549f_m

労働契約法~労働トラブルの解決に役立つ基本ルールについて

労働契約の大原則 弁護士として労働関係のご相談を受けていると、細かな法律の規定に違反しているか

記事を読む

34b153202c296d85d15cd83d5c3c0b50_m

労働条件の明示義務と労働条件通知書・雇用契約書

トラブルの防止のために 退職や解雇をめぐるトラブルでは、いわば在職中にたまっていたあらゆるトラ

記事を読む

NKJ56_narandabenchi500

雇い止めのルール|契約社員の更新拒絶と労働契約法

2012年8月10日に労働契約法の一部を改正する法律が公布されましたが、その中で、期間の定めのあ

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑