労働審判に異議を申し立てることができる期間について

労働審判と異議

労働審判手続きで話合いがまとまらないと、裁判所(労働審判体)の判断を示した労働審判が出されます。

出された労働審判の内容に不満があれば、当事者のどちらの側からも異議を申し立てることができます。

異議を申し立てると、労働審判申立の時に訴訟を起こしたものとみなされ、自動的に訴訟手続きに移行します。

そのため、最初から、相手が徹底抗戦をしてくることが予想される場合には、最初から訴訟手続きを選択した方が早いといえます(詳しくはこちら→労働審判~解雇を争うための手続きを考える)。

異議を申し立てることのできる期間

さて、この「異議」を申し立てることのできる期間ですが、法律の規定によると「審判書の送達を受けた時」または「労働審判の告知を受けた日」から2週間とされています。

労働審判が出される際には、その内容を記した「審判書」という書類が作成されますが、「審判書の送達を受けた時」というのは、それが届けられたときということです。

ただし、審判書が作成されない場合もあり、その場合は、労働審判手続きの期日で、口頭で告知する方法によって労働審判が出され、その効力は告知された時に生じます。

したがって、この場合、異議を申し立てることのできる期間は、「労働審判の告知を受けた日」から2週間となりますので、注意が必要です。

2週間を経過してしまったケース

なぜこんな細かな事を書いているかというと、ある裁判例を見ていたら、こんなケースに出くわしたからです。

この事案では、労働審判が労働審判手続期日に口頭で告知されました。

ところが、当事者から異議を申し立てることのできる期間について聞かれた書記官が「期日調書を受け取った時から2週間」という誤った回答をしてしまいました。

当事者がこれに従って異議申立をしたところ、その時には、告知を受けた時から2週間がすでに経過してしまっていたのです。
 
ちなみに、このケースで、裁判所は「当事者がその責めに帰することが出来ない事由によって期間を遵守することができなかった場合」について救済を定めている民事訴訟法97条1項の規定に基づいて、

・法律知識に関する専門的知識を有しない一般人が裁判所書記官に問い合わせることは至極妥当なものであること

・裁判所書記官の回答は、労働審判法の規定の仕方に照らすと、一般人にとってにわかに誤りであるとの判断をしがたいものであること

等を理由に、異議申立を適法と認めて、当事者の救済を図りました。

いずれにせよ、労働審判の内容に不満がある場合には、異議申立期間を過ぎることのないように注意が必要です。

労働審判をお考えの方へ→弁護士による労働相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

解雇を争うための手続きを考える~労働審判という選択~

あなたの「裁判」のイメージ、正確ですか?

労働審判~弁護士が教える「労働審判に臨む時に注意したいこと」

労働審判員について

裁判と証拠~その主張に裏付けはありますか?~

法律相談のご案内

関連記事

C778_rtsaretaakarenga500

あなたの「裁判」のイメージ、正確ですか?

裁判に対するイメージ 裁判員裁判が行われるようになった影響もあると思いますが、刑事裁判がどのよ

記事を読む

8425716c537a6e62057cbc32221e07c1_m

労働審判に臨む時に注意したいこと

労働審判に臨む前に 労働審判に臨む前にいつも当事者にお話ししていることがあります。 それ

記事を読む

3a7104fe9eff94433cae61c469fdbd16_m

労働審判に臨む前に知っておきたいこと|労働審判員とはどのような立場の人か

2名の労働審判員 労働審判制度を利用すると、裁判官1名と労働審判員2名によって審理がされることにな

記事を読む

a1180_011987

労働審判~解雇を争うための手続きを考える・手続きの特徴から実際の流れまで

紛争解決機関を使った解決 解雇の効力を争う際、弁護士が入った交渉で話がつけばいいのですが、話が

記事を読む

df18525d107cefa2eb5379c21adc2cec_s

裁判と証拠~その主張に裏付けはありますか?~

真実を明らかにする?! 裁判手続きというものについて「真実を明らかにして、悪い者をさばいてくれ

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑