出向命令を拒否できる場合、できない場合

出向

人事異動の一つとして、会社との雇用関係は続きながらも、別の会社で働くこととなる「出向」があります。

例えば、定年退職前の一定期間、関連会社に出向するというようなことがよく行われますね。

出向の場合、元の会社との雇用関係が終了する「転籍」とは違って、会社を退職するわけではありませんが、働く会社(労務を提供する会社)が変わるという意味で、従業員は大きな影響を受けます。

出向命令の根拠

そのため、会社は当然に従業員に対して出向を命ずる権限を持っているわけではなく、会社が従業員に対して出向を命じるためには、雇用契約上の何らかの根拠がなければいけません。

多くの会社では就業規則に出向についての定めを置いていると思いますが、単に、就業規則に一般的概括的に「業務上の必要がある場合には出向を命じうる」と記載されているというだけでは、出向命令権の根拠としては不十分です。

出向を命じることができるためには、明白な出向義務の規定があり、出向先での基本的労働条件等が明瞭になっていなければいけません。

出向命令権限の濫用

さらに、会社が従業員に対して出向を命じることのできる根拠がある場合も、常に出向命令が有効となるわけではありません。

具体的な状況の中で、出向を命じることが権利の濫用にあたるという場合は、その命令に効力は認められません。

この点については、労働契約法14条が

「使用者が労働者に出向を命じることが出来る場合において、当該出向の命令がその必要性、対象労働者の選定に係る事情その他の事情に照らして、その権利を濫用したものと認められる場合は、当該命令は無効とする」

と定めています。

労働問題でお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

転籍を求められたとき~労働者の同意の必要性について~

配転命令に応じる義務はあるのか?

残業代請求~弁護士が教える残業代請求のポイント~時効から残業時間の証明方法まで


法律相談のご案内

関連記事

9caf57c30bf5e50431e92041108f3675_m

転籍を求められたとき~同意は不要か?

転籍と出向 人事異動の一環として、現在の会社との雇用関係を終了させて、関連会社など別の会社で働くこ

記事を読む

577560d836ebc0ba4d1f6732fe295411_m

配転命令を拒否できる場合、できない場合

配置転換 会社から、仕事内容や勤務場所を変更する配置転換(配転)を言い渡されたことをきっかけに、不

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑