試用期間と解雇~本採用されずにクビ?!




「本採用はしません」

新しい職場で働き始めたAさん。

最初の2カ月は試用社員ということで、気持ちも新たに働き始めたものの、しばらくすると「あなたにこの仕事は向いていない。本採用はしない」と言われ、大ショック。

仕事はほかの人と同じようにきちんとやっているし、どう考えても、性格的にそりが少し合わないなと思った上司から嫌われただけとしか思えない。

でも、まだ試用期間中で、正式な社員になっているわけではないのだからクビになっても仕方がないのかも・・・。

こんなケースについて考えてみたいと思います。

試用期間とは

「試用社員」という言葉からすると、あたかもまだ仮の段階で、本採用するかどうかは会社が広く裁量で決められそうな気がするかもしれません。

しかし、「試用期間」の意味については、たとえ試用期間であっても、雇用契約自体は成立しており、ただ採用時には十分に判断できない労働者の適格性を判断するために解約権が会社に留保されているのだ、と考えられています。

「解約権が留保されている」というと少しややこしく感じるかもしれませんが、重要なのは、雇用契約は採用時にすでに成立しているという点です。

したがって、本採用するかどうかという問題は、すでに成立した雇用契約を留保された解約権の行使によって終了させることができるかどうか、つまり解雇が許されるかどうかという問題なのです。

(なお、試用期間という言葉を用いていなくても、試用期間と評価される場合がある点も注意が必要です→適性判断のために、まずは短い雇用期間で雇います!?~1年の雇用期間と契約の終了~

解雇ができる場合

では、どのような場合に、留保された解約権に基づく解約が許されるのでしょうか。

裁判例では、本採用の拒否が許される場合とは

「会社が採用決定後における調査の結果により、または使用中の勤務状態等により、当初知ることができず、また知ることが期待できないような事実を知るに至った場合において、そのような事実に照らしその者を引き続き当該企業に雇用しておくのが適当でないと判断することが、解約権留保の趣旨、目的に照らして客観的に相当であると認められる場合」

としています。

(大変わかりづらい表現ですが、落ち着いて何回かゆっくり読むと分かります・・・)

本採用の拒否は、「解約権留保の趣旨、目的に照らして、客観的に合理的な理由が存在し、社会通念上相当として是認されうる場合にのみ」許されるのです。

客観的合理的理由や社会通念上の相当性の有無については、通常の解雇の場合よりも緩やかに判断されるとされますが、あくまでも解約権が留保された趣旨・目的に照らした合理性、相当性が要求される点に注意が必要です。

また、試用期間が経過する前に解雇する場合(例えば、試用期間が6ヶ月のところ、3ヶ月の時点で解雇する場合)には、いっそう厳格な制限がかかってきます。
試用期間終了前の解雇は許されるか

本採用の拒否と解雇予告

最後に、本採用を拒否する場合についての予告について触れます。

突然解雇がされるということになると、働いている人は大きなダメージを受けることになります。

そこで、解雇するには少なくとも30日前に予告をするか、あるいは30日分以上の平均賃金(解雇予告手当)を支払うことが義務付けられています。(詳しくはこちら→解雇予告と解雇予告手当

しかし、試用期間中については、最初の14日間に限り解雇予告は不要とされています(労働基準法21条4号)。

ただし、あくまでも最初の14日間の間に本採用を拒否する場合に解雇予告が不要とされているだけですので、15日目以降に本採用を拒否する場合には、少なくとも30日前の予告あるいは解雇予告手当の支払いが必要となります。

したがって、15日目以降に解雇予告や解雇予告手当ての支払いがなく解雇されたという場合、たとえ解雇自体については争わないという場合も、予告手当の支払いを求めることができます。

併せて知っておきたい

解雇理由について知る

解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか~

成績不良・適格性欠如と解雇~あなたは成績が悪いから辞めてもらいます!?

試用期間について知る

・試用期間が満了する前に、もう来なくていいと言われてしまった方に
試用期間満了前の解雇は許されるか

・試用期間をもう少し伸ばすと言われる場合もあります。
試用期間の延長~まだまだ本採用はできません!?~

・試用期間という言葉を用いていなくても、試用期間と評価される場合があります。
適性判断のために、まずは短い雇用期間で雇います!?

・働き始める前の「内定取り消し」が許されるかという問題もあります。
内定取り消しとその理由~内定取り消しは許されるか

解雇予告について知る

・解雇予告手当について知る。
解雇予告と解雇予告手当

解雇通知書を渡されたらまず何をすべきか?

不当解雇されたときにまず知っておくべきこと

解雇トラブルについて弁護士に相談したい方へ

労働相談@名古屋のご案内


その悩み、相談してみませんか

「会社のやり方に納得がいかない」
「でも、どう行動していいか分からない。」

こんなとき、法的な角度から問題を整理することで、今どんな選択肢があるのか、何をすべきなのかを考える糸口がきっと見つかります。

労働トラブルでお困りの方は、是非、お気軽にご相談ください。