「 10.労働審判と裁判手続き 」 一覧

労働審判に異議を申し立てることができる期間について

労働審判と異議 労働審判手続きで話合いがまとまらないと、裁判所(労働審判体)の判断を示した労働審判が出されます。 出された労働審判の内容に不満があれば、当事者のどちらの側からも異議を申し立

続きを見る

労働審判に臨む時に注意したいこと

労働審判に臨む前に 労働審判に臨む前にいつも当事者にお話ししていることがあります。 それは、裁判官からの質問に対して答える時の注意点です。 「基本的には、普通にお話をしていただけ

続きを見る

労働審判に臨む前に知っておきたいこと|労働審判員とはどのような立場の人か

2名の労働審判員 労働審判制度を利用すると、裁判官1名と労働審判員2名によって審理がされることになります。 (労働審判の進み方について詳しく知りたい方はこちら⇒労働審判~解雇を争うための手続きを考

続きを見る

裁判と証拠~その主張に裏付けはありますか?~

真実を明らかにする?! 裁判手続きというものについて「真実を明らかにして、悪い者をさばいてくれるところ」というイメージを持たれている方がよくいらっしゃいます。 間違いとは言いませんが、もし

続きを見る

あなたの「裁判」のイメージ、正確ですか?

裁判に対するイメージ 裁判員裁判が行われるようになった影響もあると思いますが、刑事裁判がどのようなものかという知識は一般の方にも広がり始めているように感じます。 他方で、民事裁判に対しては

続きを見る

労働審判~解雇を争うための手続きを考える

紛争解決機関を使った解決 解雇の効力を争う際、弁護士が入った交渉で話がつけばいいのですが、話がつかない場合には、裁判所などの紛争解決機関を使って解決を図ることになります。 解雇を巡って紛争

続きを見る

法律相談のご案内

弁護士による労働相談@名古屋|解雇・労災など労働問題に関するご相談
.
.

法律相談のご案内

弁護士による労働相談@名古屋|解雇・労災など労働問題に関するご相談
.
.
  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑