残業代請求「損害賠償請求権があるから払わない」と言われたらどうするか

「会社から賠償請求する!」

未払い残業代請求に対する会社の主張として、会社が、従業員に対して

「あなたのミスで会社はこれだけの損害を被っているのだから、むしろこちらがその損害を賠償してもらいたい」

などとして、残業代を支払わない、あるいは、残業代を超える額の賠償請求を主張するようなことがあります。

以前に私が労働審判で扱ったケースは、300万円程度の未払い残業代請求に対して、会社の側から、1000万円近い賠償請求を主張されたこともあります。

請求の中身を見ると

このような会社からの賠償請求は、いわば「攻撃は最大の防御」というような発想から出てくるものですが、特に金額が大きいと労働者にとっては非常に不安となるもので、弁護士をつけずに請求をしているような段階だと、一気に弱気になってしまうのではないかと思います。

もっとも、このような場面で会社から持ち出される損害賠償請求は、往々にして、法的には無理なこじつけの請求である場合が多く、むやみと不安になる前に冷静にその請求の中身について検討する必要があります。

過失の有無・程度

まず、そもそも会社の従業員に対する損害賠償請求が成り立つためには、当然のことながら従業員に過失がなければいけません。

ご相談をお受けしていると、過失があるとは到底言えないようなものについてまで、会社が損害賠償を口にしているケースをたくさんみます。

また、たとえ過失があるとしても、それが業務を行っていれば通常起こりうるような些細な過失である場合は、会社としては、いわば業務の中に折り込みずみのものとして考えるべきものですので、あらためて従業員に対する賠償請求をすることは出来ないというべきです。

損害の有無、範囲

さらに、たとえ従業員に、上記のような「通常起こりうるような些細な過失」を上回るような過失があるという場合も、会社が損害賠償請求できる範囲には一定の限界があります。

まず、当然のことながら、会社が賠償請求をするためには、会社に「損害」が発生していなければいけません。

しかも、会社が賠償請求しうるのは「過失から通常発生するといえる損害」に限られます。

異常ともいえるような高額な請求がされている相談ケースの多くは、そもそも過失行為から発生した損害とはいえないようなものまで「損害」に含めて請求していたりします。

「相当な限度」

さらに、「過失行為から通常発生する」といえる損害についても、会社は、当然にその全額を従業員に対して賠償請求出来るというわけではありません。

会社は、普段、一方では従業員の働きによって利益を得ているのですから、ひとたび従業員にミスがあって損害が発生した場合に、その負担を従業員が全て負わなければならないというのでは不公平です。

そこで、会社が従業員に対して請求出来るのは、従業員の過失の程度や、会社の関与、過失を防止するための会社の対策として何がとられていたか等、様々な事情を考慮して「相当な限度」に限られます。

全額払いの原則

また、たとえ会社から従業員に対する損害賠償が許される場合でも、賃金は全額支払わなければならないという「全額払いの原則」が法律上定められています。

残業代も当然賃金ですので、会社が一方的にそこから損害賠償分を差し引くということはできないのです。

したがって、もし会社が無茶な損害賠償請求を持ち出して、残業代を支払わないと主張し続けるのであれば

「損害賠償請求をしたいということは分かりました。しかし、仮に損害賠償請求が成り立つとしても、賃金との差し引きは法律上許されませんから、残業代は払ってください。損害賠償請求の主張が通ると思うのであれ、別途に裁判でもなんでもやってください。」

と迫る方法もあります。

未払い残業代請求をお考えの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

残業代請求~弁護士が教える残業代請求のポイント~時効から残業時間の証明方法まで

会社の反論別対処法を考える

残業代請求~管理職だから払わなくてもいい?~

残業代請求~同意していたから払わなくてもいい?~

残業代請求~基本給の中に入っているから払わなくてもいい?~

残業代請求~勝手に遅くまで働いていたのだから払わなくていい?~

法律相談のご案内

関連記事

N825_ohirunojikan500

未払い残業代請求のポイント

残業代請求 未払いとなっている残業代の請求をしたいというときには、押さえておくべきいくつかのポ

記事を読む

a83d3703b77d52ca314cd65bfae81958_m

「基本給に含まれているから残業代は払わない」という会社の主張は正しいか?

残業代込みの基本給?! 未払い残業代の請求に対する会社の主張として、「基本給の中に残業代が含ま

記事を読む

67f943f1aafab34a1f18cd519d42c748_l

未払い残業代請求「労働時間を算定しがたいとき」の意味

労働時間を算定しがたいとき 会社に対して未払い残業代を請求した際に、会社から「あなたの場合は、

記事を読む

MS251_crystallright500

未払い残業代(時間外労働手当)と付加金

付加金とは使用者が、法律の規定に違反して、解雇予告手当、休業手当、時間外労働の割増賃金を支払わなかっ

記事を読む

1f4efc8dbd1341fcc3e622e6e1d25e2c_m

残業代請求「条件に同意していたから払わない」という会社の主張は正しいか

文句を言わなかった? 未払い残業代の支払いを求めた際に、会社が「うちでは残業代は出ないというこ

記事を読む

2a1dba5202368c8d255fa7deae15782f_m

残業代請求「管理職だから払わなくてもいい」という会社の主張は正しいか?

管理職だから・・・ 未払い残業代の請求に対して良く出される会社側の主張の一つに「管理職だから残

記事を読む

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_l

残業時間の証明方法

残業時間の認定方法 未払い残業代請求にあたっては、労働時間(残業時間)の証明をどのように行うのか、

記事を読む

a0070_000022

「勝手に働いていただけだから残業代は払わない」という会社の主張は正しいか?

勝手に働いていただけ 未払い残業代の請求に対する会社の主張として 「残業をしろと言ったわ

記事を読む

08da088fca3f52d6a06d426b05c017b9_m

残業代の未払いを解消した場合にも付加金の支払いを命じられるか

残業代の未払いと付加金 労働者が時間外労働をおこなった場合、使用者は割増賃金を支払わなければいけま

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑