履歴書の賞罰欄に罰金刑や起訴猶予歴を書く必要はあるか

賞罰の意味

履歴書に「賞罰欄」がもうけられている場合がありますが、いったい何が「賞」や「罰」に当たるのか、悩まれる方も少なくないと思います。

「賞」については、ある程度、対外的にアピールできるような公的な賞ということで感覚的に分かるようにも思いますし、後々「実は賞があったのに書かなかった」として問題視されることもありませんので、そこまで神経質になることもないのですが、よりシビアなのは「罰」の方です。

少しでも思い当たるようなことがあると、後で“嘘を書いた”として問題になるのではないかと、不安を感じてしまいますね。


「罰」とは何か

実は、履歴書の賞罰欄にいう「罰」とは何を意味するのか、についてはちゃんと裁判例もあります。

これによると、履歴書の賞罰欄にいう罰とは「確定した有罪判決をいう」とされています。(平成3年2月20日東京高裁判決、仙台地裁昭和60年9月19日判決)

したがって、たとえ刑事事件になっていても、まだ刑事公判が続いている場合や、起訴猶予となった場合(いわゆる前歴がある場合)は含まれない事になります。

また、交通違反による青切符を切られたという場合は該当しませんが、赤切符を切られた(略式起訴による罰金刑を受けた)という場合は該当することになります。

(ただし、罰金刑については刑の執行を終えてから5年が経過すると刑の言い渡しは効力を失いますので、その場合は、以下の「消滅した前科を書くべきか」という問題になります)

さらにあくまでも「確定した有罪判決」ですので、懲戒解雇歴などは含まれないことになります。

刑の消滅した前科

では、「確定した有罪判決」を一度でも受けたら、どれだけ期間が経過していても履歴書の賞罰欄に書かなければいけないのでしょうか。

上に挙げた仙台地裁昭和60年9月19日判決では、この点も問題となっています。

この事案は、前歴や前科を賞罰欄に記載しなかったことが解雇理由の一つとされたケースです。

ただし、前科については、刑の執行が終わってから10年以上が経過していたため、刑の言い渡しは法律上効力を失っていました。

この事案で、裁判所は、前歴について

・使用者から格別の言及がない限り記載すべき義務はない

・刑の消滅した前科についても「その存在が労働力の評価に重大な影響を及ぼさざるを得ないといった特段の事情のない限りは、労働者は告知すべき信義則上の義務は負わない」

としました。

その理由としては、既に刑の消滅した前科について使用者があれこれ詮策し、これを理由に労働の場の提供を拒絶するような取扱いを認めるとすると、更生を目指す労働者にとって酷となり、わざわざ刑の消滅制度を定めた法律の趣旨が損なわれてしまうという点が指摘されています。

なお、この事案は、刑の執行が終わってから長期間経過したことによって刑が消滅した例ですが、執行猶予付き判決を受けた場合についても、刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予期間を経過すれば刑は消滅することになりますので、同様に記載する必要がないことになります。

労働問題でお困りの方へ→弁護士による労働相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

経歴詐称を理由とする懲戒解雇

逮捕されたこと・刑事処罰を受けたことを理由とする懲戒解雇

解雇と解雇予告手当

内定取り消しの有効性「残念ですが、あの話はなかったことに・・・」

試用期間の延長~まだまだ本採用はできません!?~


法律相談のご案内

関連記事

アルバイト(パート)でも有給休暇は取得できる?

アルバイトだから有給休暇はない!? パートやアルバイトとして働いている方について、法律の規制が

記事を読む

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

目次 1 退職 2 退職金 3 競業避止義務 4 解雇(普通解雇、整理解雇、懲戒解雇) 5

記事を読む

労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止

監督機関 会社が労働基準法違反をしているから取り締まってほしいという時に訴える場所としてすぐに

記事を読む

就業規則による労働条件の変更の効力~役職定年制の導入

就業規則とその変更 就業規則は、労働条件を統一的に定める職場のルールですので、その変更によって働く

記事を読む

パート労働者と労働条件の明示義務・待遇の説明義務

パートタイム労働者も「労働者」 働く人の中には、パートやアルバイトなど名称は様々ですが短時間労

記事を読む

「賞与支給日に在籍していないから払わない」は通用するか?

支給日在籍要件について 賞与について、就業規則等で「支給日在籍者に対し支給する」と定めている会社が

記事を読む

雇い止めのルール|契約社員の更新拒絶と労働契約法

2012年8月10日に労働契約法の一部を改正する法律が公布されましたが、その中で、期間の定めのあ

記事を読む

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

違法な業務命令と損害賠償~それは単なる嫌がらせです~

職場におけるいじめ・嫌がらせ 学校におけるいじめ自殺の問題がマスコミを騒がせていますが、職場に

記事を読む

業務上のミスを理由に会社から損害賠償請求をされたときに知っておきたいこと

在職中のミスを理由とする損害賠償 退職の場面でトラブルが生じたとき、あるいは、何らかのトラブルがあ

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑