雇い止めのルール|契約社員の更新拒絶と労働契約法


2012年8月10日に労働契約法の一部を改正する法律が公布されましたが、その中で、期間の定めのある契約(有期労働契約の雇い止めに関するルールを明示する改正が行われています。

これは、これまで判例の積み重ねによって出来てきた雇い止めに関するルールを明文化したもので新たなルールが作られたというわけではないのですが、労働契約の基本を定める労働契約法の中で雇い止めに関するルールが明示されたのは重要なことです。

改正労働契約法では、一定の条件を満たす有期労働契約については、「客観的合理的理由」と「社会通念上の相当性」が認められない限りは、会社は労働者からの更新申し入れを拒絶できず、これを承諾したものとみなされることを定めています。

問題はどのような場合に更新拒絶が許されない有期労働契約になるのかですが、以下の二つの場合とされています。

① 過去に反復更新された有期労働契約で、その雇い止めが期間の定めのない契約の解雇と社会通念上同視できると認められるもの

② 当該労働者において当該有期労働契約の契約期間の満了時に当該有期労働契約が更新されるものと期待することについて合理的な理由があるものであると認められるもの

有期雇用契約が様々な職種、職場で広がる中、労働契約法への明示を機に雇い止めに関するルールがきちんと徹底されるようになることが期待されます。

労働トラブルでお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内



併せて知っておきたい

契約社員と解雇~契約期間途中での解雇と自主退職~

解雇通知書を渡されたときにまずしなければいけないこと

退職勧奨(退職勧告)~違法となる時、ならない時~退職届を出す前に知っておきたいこと

退職方法を考える①~辞めたくても辞められない?!~

有給休暇を消費してから退職するために知っておきたいこと

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

法律相談のご案内

関連記事

労働条件の明示義務と採用時の説明

話が違う・・・ 職場でのトラブルを抱えて相談に来られる方の中には、「実は、そもそも働き始めた時

記事を読む

労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止

監督機関 会社が労働基準法違反をしているから取り締まってほしいという時に訴える場所としてすぐに

記事を読む

期間の定めのある契約と雇止め~更新拒否ができる場合、できない場合~

雇いどめに対する規制 あらかじめ雇用期間が決まっている「期間の定めのある契約」の場合、本来であれば

記事を読む

就業規則による労働条件の変更の効力~役職定年制の導入

就業規則とその変更 就業規則は、労働条件を統一的に定める職場のルールですので、その変更によって働く

記事を読む

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

目次 1 退職 2 退職金 3 競業避止義務 4 解雇(普通解雇、整理解雇、懲戒解雇) 5

記事を読む

労働者に知らされていない就業規則に効力は認められるか?

就業規則の周知義務 会社が労働者を懲戒するためには、あらかじめ就業規則で懲戒の種別及び事由が定

記事を読む

労働契約法~労働トラブルの解決に役立つ基本ルールについて

労働契約の大原則 弁護士として労働関係のご相談を受けていると、細かな法律の規定に違反しているか

記事を読む

アルバイト(パート)でも有給休暇は取得できる?

アルバイトだから有給休暇はない!? パートやアルバイトとして働いている方について、法律の規制が

記事を読む

弁護士に相談するときに気をつけたいこと

① 関係書類を持参すること 弁護士に相談に行く時は、関係する書類等をなるべく持参するようにしてくだ

記事を読む

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑