身元保証人の責任とは

身元保証人の責任

雇用契約を締結する際に、会社からの求めで「身元保証人」を立てる場合があります。

働いている期間に従業員が会社に損害を与えた場合に責任を負う「身元保証人」の責任は、無限定に認められると非常に過大となる可能性があります。

そのため、「身元保証二関スル法律」という昭和8年に作られた古い法律によって、その責任は限定されています。

従業員の責任の範囲

まず、そもそも、従業員が会社に損害を与えたという場合も、会社は当然に従業員に対して全額請求できるわけではありません。

信義則上相当な限度に限定されることになります。(詳しくはこちら→仕事上のミスで会社に損害を与えた場合に賠償義務を負うのか

身元保証人の責任の範囲

そして、「身元保証二関スル法律」によると、身元保証人の損害賠償義務の有無、金額を決めるにあたっては、

① 従業員の監督についての使用者の過失の有無
② 身元保証人が身元保証をするに至った事情
③ 身元保証をするにあたっての注意の程度
④ 従業員の任務
⑤ 身上の変化

その他の一切の事情を斟酌するとされています。

責任を追う期間など

そのほか、身元保証契約の期間は5年よりも長い期間にすることはできませんし(5年を超える取り決めをしたとしても無効で、期間は5年に短縮されます)、期間を定めていない場合は契約期間は3年間になります。

また

① 従業員が不適任であるなどして、身元保証人の賠償責任が発生するおそれがあるとき

② 従業員の任務や任地が代わったために身元保証人の責任が重くなったり、監督が困難になった時

には、使用者は、身元保証人に通知をしなければなりません。

この場合、身元保証人は、身元保証契約を解除して以後の責任は負わないとすることができます。

「身元保証をした」という事実があると、ついつい何でもかんでも責任を負わなくてはならないような気持ちになりますが、そうではないということを是非知っていただきたいと思います。

あわせて知っておきたい

会社から労働者に対する賠償請求の問題を詳しく知りたい方に

仕事上のミスで会社に損害を与えた場合に賠償義務を負うのか

会社の車で事故を起こした場合修理費用を全額負担すべきなのか

解雇や懲戒の問題について知りたい方に

解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか~

適格性欠如や勤務成績不良は解雇理由になるか

懲戒解雇とその理由~懲戒解雇されたときに知っておきたいこと

会社を辞めたいのに辞められないと悩んでいる方に

労働基準法等から退職方法を考える~会社を辞められない!?

退職を迫られているという方に

退職勧奨が違法となるとき~退職届けを出す前に知っておきたいこと

解雇と自己都合退職(自主退職)の境界~辞める前に知っておきたいこと

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

労働トラブルについて弁護士に相談したいという方に

名古屋の弁護士による労働相談のご案内


その悩み、相談してみませんか

「会社のやり方に納得がいかない」
「でも、どう行動していいか分からない。」

こんなとき、法的な角度から問題を整理することで、今どんな選択肢があるのか、何をすべきなのかを考える糸口が見つかります。

労働トラブルでお困りの方は、是非、お気軽にご相談ください。