労働者に知らされていない就業規則に効力は認められるか?

就業規則の周知義務

会社が労働者を懲戒するためには、あらかじめ就業規則で懲戒の種別及び事由が定められている必要があります。

したがって、懲戒を受けるという時には、具体的にどのような事実が、就業規則のどの事由に該当するとして懲戒がなされるのかを明確にするように会社に求めることが出発点として大切になります。

さて、この就業規則については、法律上、各作業場の見やすい場所での常時掲示もしくは備え付け、または書面の交付により労働者に周知させなければならないとされています。

では、このような周知手続きが採られていな場合はどうなるのでしょうか。

この点が問題になった判例として平成15年10月10日最高裁判決をとりあげます。

備え付けられていなくても有効?

この事件は、化学プラント等の設計、施工を目的とする株式会社で、設計業務に従事していた労働者が

「得意先の担当者らの要望に十分に応じずにトラブルを発生させたり、上司の指示に対して反抗的態度をとり、暴言を吐くなどして職場の秩序を乱した」

という理由で懲戒解雇を受けたことから、会社の代表者らに対して損害賠償を求めて提訴した事案です。

この事案で、原告側が就業規則の周知手続きが採られていなかったという点を問題としたのに対して、原審の高裁判決は、就業規則が備え付けられていなかったとしても、それによって就業規則の効力がないと考えることはできないとしました。

最高裁の判断

しかし、これに対して、最高裁は

「就業規則が拘束力を生ずるためには、その内容の適用を受ける事業場の労働者に周知させる手続きが採られていることが必要である」

として、事業場で就業規則の周知手続きがとられていたかを再度審理させるために、原判決を破棄して差し戻しました。

就業規則は、労働条件等を左右する大切なルールです。

そのような大切なルールについて、適用を受ける労働者が知ることのできないまま運用されるということは許されないのです。

労働問題でお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita


併せて知っておきたい

就業規則と解雇事由・懲戒事由の記載

こんなことなら入社しなかった~労働条件の明示義務と採用時の説明~

退職後に残業代の未払い分を請求する時に知っておきたい3つのポイント


法律相談のご案内

関連記事

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

目次 1 退職 2 退職金 3 競業避止義務 4 解雇(普通解雇、整理解雇、懲戒解雇) 5

記事を読む

労働契約法~労働トラブルの解決に役立つ基本ルールについて

労働契約の大原則 弁護士として労働関係のご相談を受けていると、細かな法律の規定に違反しているか

記事を読む

違法な業務命令と損害賠償~それは単なる嫌がらせです~

職場におけるいじめ・嫌がらせ 学校におけるいじめ自殺の問題がマスコミを騒がせていますが、職場に

記事を読む

雇い止めのルール|契約社員の更新拒絶と労働契約法

2012年8月10日に労働契約法の一部を改正する法律が公布されましたが、その中で、期間の定めのあ

記事を読む

違法な自宅待機命令~こんな自宅待機命令はありなのか?!

自宅待機が違法となる場合 懲戒解雇処分等が行われる前に処分が決まるまでの間、「自宅待機」を命ぜ

記事を読む

労働条件の明示義務と採用時の説明

話が違う・・・ 職場でのトラブルを抱えて相談に来られる方の中には、「実は、そもそも働き始めた時

記事を読む

労働条件の明示義務と労働条件通知書・雇用契約書

トラブルの防止のために 退職や解雇をめぐるトラブルでは、いわば在職中にたまっていたあらゆるトラ

記事を読む

「賞与支給日に在籍していないから払わない」は通用するか?

支給日在籍要件について 賞与について、就業規則等で「支給日在籍者に対し支給する」と定めている会社が

記事を読む

履歴書の賞罰欄に罰金刑や起訴猶予歴を書く必要はあるか

賞罰の意味 履歴書に「賞罰欄」がもうけられている場合がありますが、いったい何が「賞」や「罰」に

記事を読む

従業員のミスと会社からの損害賠償請求

会社から従業員に対する損害賠償請求 従業員が何らかの過失で会社に損害を与えたという場合も 当然に会

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑