労働条件の明示義務と採用時の説明

話が違う・・・

職場でのトラブルを抱えて相談に来られる方の中には、「実は、そもそも働き始めた時から、“話が違う”と感じたことがありまして・・・」と、働き始めた当初から労働条件をめぐって不満あるいは疑問を感じていたことを話される方が少なくありません。

労働基準法15条は、使用者が労働契約の締結にあたって、労働者に対して、労働条件を明示することを義務付けています。

しかし、残念ながら、求人や採用時に労働条件をめぐって、いい加減な表示や説明がされたりする例が後を絶ちません。

この会社に課せられた労働条件の明示義務について触れた裁判例として、ある保険会社の採用過程における説明のあり方が問題となった平成12年4月19日東京高裁判決を紹介したいと思います。

採用段階での説明との食い違い

この保険会社は、それまで臨時的にのみ中途採用を行っていましたが、優秀な人材を確保するために、あるいは他業種経験者からの人材確保のために、中途採用を計画的に進めていこうとしていました。

ただ、一方で、新卒採用者との公平感なども考慮して、内部的には、中途採用者の初任給について、新卒同年次の定期採用者の一番下の格付けによって定めると決定していたのです。

ところが、この保険会社は、中途採用を進めるにあたって、応募者に対してはそのことを明示せず、求人広告や面接、社内説明会での説明では「給与条件について新卒同年次定期採用者とは差別しない」旨の説明をしていました。

このような説明を信じて入社してきた原告が、あとになって、実は、新卒同年次の定期採用者の一番下の格付けになっていることを知って、給与の差額の支払い等を求めて提起したのが本件訴訟です。

労働条件の明示義務

裁判所は、このような会社の求人にあたっての説明は、労働条件の明示義務を定めた労働基準法15条に違反するとし、また、雇用契約締結に至る過程における「信義誠実の原則」に反するものであって、会社は、これによって精神的損害を被るに至った者に対して損害賠償義務を負うと判断しました。

職場を決めるというのは、中途採用の場合は言うまでもなく、どんな形であっても、人生における大きな決断の一つです。

その判断にあたって前提となる労働条件について、事実と異なるような説明が行われてはならないのは言うまでもありません。

労働問題でお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内


shita




併せて知っておきたい

そんなルールは聞いていない~就業規則の有効性と周知義務~

「ある」と聞いていた退職金が実はなかった~求人票の記載と退職金規定~

残業代請求~弁護士が教える残業代請求のポイント~時効から残業時間の証明方法まで

法律相談のご案内

関連記事

労働契約法~労働トラブルの解決に役立つ基本ルールについて

労働契約の大原則 弁護士として労働関係のご相談を受けていると、細かな法律の規定に違反しているか

記事を読む

弁護士に相談するときに気をつけたいこと

① 関係書類を持参すること 弁護士に相談に行く時は、関係する書類等をなるべく持参するようにしてくだ

記事を読む

「賞与支給日に在籍していないから払わない」は通用するか?

支給日在籍要件について 賞与について、就業規則等で「支給日在籍者に対し支給する」と定めている会社が

記事を読む

履歴書の賞罰欄に罰金刑や起訴猶予歴を書く必要はあるか

賞罰の意味 履歴書に「賞罰欄」がもうけられている場合がありますが、いったい何が「賞」や「罰」に

記事を読む

従業員のミスと会社からの損害賠償請求

会社から従業員に対する損害賠償請求 従業員が何らかの過失で会社に損害を与えたという場合も 当然に会

記事を読む

雇い止めのルール|契約社員の更新拒絶と労働契約法

2012年8月10日に労働契約法の一部を改正する法律が公布されましたが、その中で、期間の定めのあ

記事を読む

降格処分が無効となるとき

人事上の措置としての降格処分 人事上の措置として役職や職位の引き下げが行われる場合があります。

記事を読む

給料の一方的減額と労働者の同意~「わかった」とは言ったけれど・・・

給料の一方的減額 会社から一方的に給料を下げると言われたというご相談を受けることがあります。

記事を読む

労働基準監督署への申告・相談と不利益取り扱いの禁止

監督機関 会社が労働基準法違反をしているから取り締まってほしいという時に訴える場所としてすぐに

記事を読む

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

目次 1 退職 2 退職金 3 競業避止義務 4 解雇(普通解雇、整理解雇、懲戒解雇) 5

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑