会社の破産と従業員の解雇~給料の立替払い制度

立替払い制度の利用

会社の破産と解雇で、破産手続きの中で未払い給料・退職金がどう扱われるのかということを説明しました。

これとは別に労働者健康福祉機構が行っている未払い賃金立替払い制度を利用することで、未払賃金の一部を回収することもできます。

この制度は、会社の倒産によって賃金が払われないまま退職した労働者に対して、その一部を立替払いしてくれるという制度です。

法的手続きが取られている場合と事実上の倒産

倒産した場合というのは、正式な法的手続きが取られている場合(破産、民事再生、特別清算等)だけではなく、事実上倒産した場合も含まれます。

破産手続きが取られているという場合は、破産管財人として選任された弁護士からその証明をもらって、手続きを採ります。

また、事実上倒産したと言えかどうかについては、労働基準監督署長が認定をすることになりますので、労働基準監督署で認定を求める手続きを採ります。

その他の条件

この制度を利用するためには、会社が1年以上事業活動をしていたことが必要となります。

特に近年は、会社分割など会社組織の変更が活発に行われていますので、外部的な働き方は変わっていないくても、倒産時点で勤めていた会社自体は新しいというような場合がありますので、注意が必要です。

また、破産、民事再生等の申立てがされた日、あるいは、労働基準監督署に対する事実上の倒産の認定申請がされた日の「6カ月前の日から2年の間」に退職していることが必要となります。

したがって、特に事実上の倒産の場合は、退職から6カ月が経過する前に事実上の倒産認定の申請をしておかないと立替払を受けられなくなってしまいますので、速やかに申請を行うことが大切です。

立替払いの内容と残部の扱い

立替払をしてもらえるのは、未払賃金の額の8割ですが、退職時の年齢に応じて一定の上限が設けられています。

立替払いを受けられなかった残りの部分については、会社の破産と解雇で説明したような形で、破産手続きの中で(可能な場合には)支払われることになります。

労働トラブルでお困りの方へ→弁護士による労働法律相談@名古屋のご案内



併せて知っておきたい

会社の破産と解雇

部門・支店閉鎖に伴う解雇

解雇と解雇理由~どんなときに解雇が許されるのか

解雇予告手当が必要な場合とは?

解雇通知書を渡されたときにまずしなければいけないこと

会社を退職するとき、解雇されたときに知っておきたいこと(主な記事一覧)

法律相談のご案内

関連記事

解雇と自主退職の境界~「辞める」と口にする前に知っておきたいこと

解雇か退職かをめぐって 従業員としては会社から解雇されたと思っているのに、会社の側から、解雇な

記事を読む

成績不良・適格性欠如と解雇事由~あなたは成績が悪いから辞めてもらいます!?~

成績不良と解雇 解雇が有効に行われるためには、「客観的合理的理由」と「社会的相当性」があること

記事を読む

契約社員と解雇~契約期間途中での解雇と自主退職~

契約期間の定めとその上限 1年契約、2年契約というように、雇用期間が当初から定められている契約

記事を読む

長期間経過後の解雇無効主張

従業員の地位があることの主張 解雇を言い渡されたけれどもこれを争いたいという場合には、通常は、

記事を読む

解雇予告手当が必要な場合とは?

「解雇予告手当」については、一般の方にも広く知られるようになりました。しかし、その正確な意味

記事を読む

解雇予告手当の計算方法|必要日数と平均賃金の意味

具体的な計算方法 解雇予告手当の計算方法について、具体的に考えてみましょう。 解雇をする

記事を読む

部門・支店閉鎖に伴う解雇の効力はどのように判断されるか

部門、支店閉鎖に伴う解雇 会社のある部門や支店が閉鎖されることになり、これに伴って当該部門や支

記事を読む

解雇を争っている間に別の会社で働くことは可能でしょうか?

他の仕事をしていいか 解雇の効力を争っている間に、別の仕事をしていいかということをよく聞かれま

記事を読む

解雇日の特定~それは本当に「解雇予告」にあたるのか?

解雇予告はあったか 30日以上前に解雇予告をしている場合には、解雇予告手当を支払う必要はありま

記事を読む

派遣社員と解雇~派遣契約の打ち切りをめぐって~

派遣社員と解雇 平成23年6月1日時点の派遣労働者数は、約137万人にのぼっています。

記事を読む

法律相談のご案内

法律相談のご案内

  • NDP13-162-cd
    名古屋で働く弁護士です。労働トラブルに悩む人を支え、ともに歩く専門家でありたいと思います。
    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑